バトル・ロワイアルII 鎮魂歌/あらすじとネタバレと感想

バトル・ロワイアルII 鎮魂歌 2003年の邦画

バトル・ロワイアルII 鎮魂歌の概要

制作:2003年 日本
監督:深作欣二、深作健太
出演:藤原竜也、前田愛、忍成修吾、酒井彩名、ビートたけし、他

バトル・ロワイアルII 鎮魂歌の見どころ

前作のバトル・ロワイアルを元に完全オリジナルで続編として深作欣二・深作健太監督が映画化。
撮影中に深作欣二監督が病に侵され、息子の深作健太監督が引き継いだ形となった。
バトルロワイヤルで生き残った子を殺すようにと送られてきた子たちと手を組み政府軍と戦闘を繰り広げるというストーリーである。

主演は藤原竜也。

バトル・ロワイアルII 鎮魂歌のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

前回のバトルロワイヤルの悪夢を未だに夢に見てしまう秋也(藤原竜也)でしたが、あれから三年の月日が経っていました。
秋也は反BR法組織ワイルドセブンのリーダーになり、テロリストとして国際指名手配になっていました。
そんな時新世紀テロ対策特別法が決定し、それはまた新しく選ばれた中学の一クラスが秋也達テロリストが潜伏する島で、秋也たちと殺し合うという法律のものでした。父親を殺されていたシオリは自ら志願するのでした。
そうして集められた中学生にルールが説明されます。制限時間は3日。秋也を見つけて殺せば勝ちという単純なものでした。銃で殺し合う両グループでしたが、敵であるグループもまた大人による被害者だと思い、分かり合おうとします。そして段々敵グループも秋也の思いが伝わってきて、仲間意識が芽生え始めるのでした。

そのころ、秋也は世界中のコンピューターのハッキングに成功します。
そして秋也は自分たちをこんな目に合わせた大人たちに、抗議のメールを送るのでした。
そしてそのメッセージを見た国の一部が、秋也に向けて殺意をあらわにします。軍事を使って秋也を殺しにかかってきました。そうして秋也たちの敵は、軍事へと移りました。
銃撃戦が繰り広げられる中、後から来た学生たちを俊也は島からの脱出口に向かわせるのでした。

ネタバレと結末

しかしその中の学生のひとりは、秋也だけを置いて自分たちだけ助かるのは人道的にどうなのかと思い始めます。そして同じように思いとどまった生徒たちと共に、秋也と共に戦うために秋也の元に戻るのでした。
そうして激しい銃撃戦の末、勝敗無効となって三日が経ちゲームオーバーとなりました。
生き残ったのは結局6人の学生と秋也だけでした。ゲームが終ってから三か月後、秋也は外国で生き残った6人と再会します。そこには前回の戦いで、秋也が守り抜いた典子も居ました。みんなで喜びを分かち合います。
しかし喜んだものの、みんなそれぞれに生きていく道は違ってきます。みんなでいつまでも仲間意識を持ちながらも、それぞれが決めた道を歩んでいくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました