座頭市/あらすじとネタバレと感想

座頭市 2003年の邦画

座頭市の概要

制作:2003年 日本
監督:北野武
出演:北野武、浅野忠信、橘大五郎、大家由祐子、ガダルカナル・タカ、他

座頭市の見どころ

時代劇『座頭市シリーズ』を題材にオリジナルとして北野武監督が映画化。
北野武初の時代劇作品である。
盲目の市がヤクザと戦う話だが、最後のシーンタップダンスが有名になり過ぎている傾向がある。
主演はビートたけし。

座頭市のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

居合の達人である金髪の市(ビートたけし)は盲目です。
ある日の事、助けた農民の女性の家にしばらく居候することになりました。その日の夜に女性からこの街を仕切る悪党の話を聞かされます。
一方、元腕利きの侍、服部源之助(浅野忠信)は病弱な妹のために、用心棒の仕事を探し始めていました。源之助が店で酒を飲んでいると、やってきた借金取りの銀蔵に雇ってもらおうかと思いつきます。
次の日、市は賭博場に行くと女性の甥の新吉に出会い、その後源之助に出会いました。
市は目は見えませんが源之助の事を剣の達人だと見抜きます。市は毎日賭博場に通い、音だけを頼りに勝ち続けるのでした。
市と新吉はしだいに仲良くなり、一緒に遊郭に向かいました。芸者に出会い、一緒に過ごしているうちに市の賞金を目当てにしていることがわかります。二人は自分たちの過去から話し始めるのでした。
二人は元鳴門屋という米問屋の子供で、二人が部屋を抜け出しているうちに盗賊がやってきて家族は殺され、金品は奪われてしまい、復讐することにしました。しかしスパイとして鳴門屋に居た男を殺しましたが、他の盗賊を殺したくて仕方が無かったのです。
ある日二人の姉弟は町一番の扇屋という店の親分のいる座敷に呼ばれますが、弟の方が無礼をされて、姉が怒って三味線のバチで親分を殴ってしまいます。

市は市で、銀蔵の経営している賭博場でいかさまを見抜き斬り殺します。
源之助がそれを聞き、駆け付けますが市たちはもうすでにいませんでした。

ネタバレと結末

その後姉弟と合流した市は、女性の家にかくまってもらい、扇屋の親分が姉弟の復讐の相手だと知ります。
姉弟は鳴門屋を襲った盗賊が扇屋だと確認するために扇屋に向かいます。道中で店に立ち寄り、そこで男に市と一緒に農家の女性の家に身を隠していたことを話してしまいます。しかしその男は盗賊の一味でした。
男は農民の家を焼き払うように言い、全焼しますが市たちもすでに出払った後なのでした。
一方姉弟は扇屋で銀蔵たちに出くわしてしまいます。そこに市がやってきて戦います。市は二人を救った後、源之助とも勝負し、勝つものの傷を負ってしまいました。
その頃、源之助の妹もまた自殺するのでした。そうして一人旅に出た市は姉弟の復讐を遂げるために食堂の店主と盗賊の頭を殺し、その夜村人たちはお祭りを開き踊りあかすのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました