黄泉がえり/あらすじとネタバレと感想

黄泉がえり 2003年の邦画

黄泉がえりの概要

制作:2003年 日本
監督:こだま兼嗣
出演:草なぎ剛、竹内結子、石田ゆり子、哀川翔、山本圭壱、他

黄泉がえりの見どころ

梶尾真治の小説黄泉がえりを塩田明彦監督が映画化。
熊本県阿蘇で死んだ人が生き返るという噂が流れ、そこに現れる「ヨミガエリ」と名付けられた現象の物語である。
主演は竹内結子。
また、RUI「月のしずく」として柴咲コウが歌う曲もヒットした。

黄泉がえりのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

九州の阿蘇地方では死んだ人がよみがえるという噂が流れます。
謎を解くため、厚生労働省職員の平太は調査に乗り出します。すると亡くなった俊介と婚約していた葵に会いました。葵は未だに俊平の事を思い続けていて、平太の調査についていくことにします。
平太はまずよみがえった人に会いに行きます。
夫がよみがえったという人は、夫を失ったことが信じられずに会いたいと思い続けていたことでよみがえったといいました。残された人の思いがよみがえらせるのではないかと思います。
そして葵もまた俊介に会えるのではないかと期待しますが、実は平太も葵の事が好きなので複雑な心境でした。
はじめは噂だけだったよみがえりも、あまりにも実体験が増えてきてしまいます。
平太は調査を進めていくうちに、よみがえりのエリアがある事に気が付きます。
そして亡くなった人をよみがえらせるには、その森の奥に巨大なクレーターがあるエリアで残った人の思いと、本人の体の一部が必要であることが解りました。もっと良く知りたいと、よみがえった人を連れて行くと、クレーターから離れた瞬間に思い思いの「思いを寄せる人」の所にワープしていました。それぞれに自分への思いを感じ取って行きます。
俊介は葵のためにドナー登録をしていたので俊介の検体を手に入れ、よみがえらそうとします。そして俊平が好きだったRUIのライブに連れて行こうと提案します。

ネタバレと結末

そのころ、崖から落ちた車から葵が発見されます。
実は葵はすでに死んでいたのでした。平太が熊本に調査に来た日に事故に合って亡くなっていたのです。
それを聞いて、自分の思いが葵をよみがえらせていたことに気が付きます。
しかし平太は葵には気づいていないふりをして、RUIのライブに誘います。俊介をよみがえらせようとしますが、よみがえりませんでした。実は葵は俊介に会いたいと思っていたのではなく、平太に会いたいと思っていたからでした。お互いに愛を告白すると、葵が消えてしまいました。よみがえりは一時のもので、永遠ではありません。調査を続ける平太。すると、3カ月たった日、葵が鉢植えが花を咲かせます。それを見た平太は、やっと前を向けるようになるのでした。

黄泉がえりのみんなの感想

ネタバレなし

何度観ても、感動してしまう作品です。
柴咲コウさんの歌う姿はこの作品が初めてでしたね。
何とも言えない不思議な雰囲気を醸し出しています。
ひょんなことから死者が蘇り、再び家族や大切な人と再会する話です。
なんで蘇ったのか、どうして会いに来たのか、それぞれに理由があり物語があります。
蘇っても尚会いたいという気持ちが、涙を誘います。
私も、亡くなった人に会えるなら…と考えてしまいますし、反対に死んだあと会いたいと思うのは誰だろうかとも考えてしまいます。(30代女性)

ネタバレあり

この映画は今でも印象に残っている。ヒロインが死んでいることに最後の最後で気づいたからだ。これを見ていると人間の命はとてもはかないことを感じる。だれか一緒にいたいと思う人と一緒に入れることはとても幸せだ。でも日常の中でそれは当たり前になってしまう。人はその幸せを失ってしまってから気づくものである。あの時に戻りたいと。
あの後、主人公はどのように生きたのだろうか。きっとあの悲しみを乗り越える強さが彼にあったと信じている(30代女性)
とある地区で死んだ人が突然に生き返るという不思議な事件がおき、そのさなかに主人公(草彅剛)の彼女(竹内結子)がじつは生き返って戻ってきていたのにお互い(本人も)気付かないでいる。
ついに生き返った魂が全部あの世へ帰る時間がやってくる。
主人公はぎりぎりで彼女は生き返った幽霊だと気付いて彼女を抱きしめようとするけど彼女の魂は天へいってしまう。
この二人のことがストーリーがメインですが、実は周りの人もうまい具合に絡んでいて、すべてがつながっているというよくできたお話です。
キャストも今となってはとても豪華なメンツです。石田ゆり子さん、柴咲コウさん、極楽とんぼの山本さんなどいろんな人が出ています。
とにかく草彅くんの演技力がひかる一作です。最後のだきしめようとするシーンはほんとうに素敵です。何度見ても楽しく切ない映画です。(40代女性)
死んだはずの人がある日突然死んだ時の年齢のまま家族の元に帰って来ます。
死んだはすの愛する人が、帰って来たことでそれぞれの家族に物語があり、涙なしには見ることができません。
しかし蘇った人が、また旅立って行くシーンはとても印象的でした。
人が誰かを想う気持ちの強さをこの映画を見ると絆の強さを感じました。
とくに主演の草薙さん演技が凄くよく彼が好きな人を想う演技に感動しました。(50代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました