おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

14の夜/あらすじとネタバレと感想

14の夜2016年の邦画
スポンサーリンク

14の夜の概要

制作:2016年 日本
監督:足立紳
出演:犬飼直紀、濱田マリ、門脇麦、和田正人、浅川梨奈、他

スポンサーリンク

14の夜の見どころ

100円の恋で第39回日本アカデミー賞の最優秀脚本賞を受賞した脚本家だった足立紳が映画監督した作品である。
田舎の中学生が妄想を炸裂させて、夜中にAV女優のサイン会に行ったりと思春期ならではの日常を描く。
主演は犬飼直紀。

14の夜のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

時代は1987年。田舎町で暮らす14歳のタカシは性に目覚めたばかりの中学生でした。
とにかくエロと名が付けば敏感に察知してしまいます。
その一方でタカシは父が停職処分で教職を休業していつも家に居ました。近所の目を気にしているくせに、家にいる時にはプライドが高く、邪魔でしかありませんでした。
夏休みのある日、タカシの姉の春子が婚約者を連れてきます。婚約者が家に来る前に父はタカシのAVを観ながらそわそわしています。
一方タカシは柔道部のメンバー竹内、サトシ、ミツルで、街に一軒しかないビデオ屋に行きます。
夜にはAV女優のよくしまる今日子のサイン会があり、妄想を炸裂させていました。その下見にみんなで来ていたのでした。そして12時を過ぎればおっぱいを吸わせてくれるサービスまであるというのです。興奮しながら借りて帰ったAVは不良の金田に取られてしまいます。
童貞四人は廃屋でどっぷり落ち込むのでした。
夜、春子が前田を家に連れてきます。母と父は出迎えますが、父は挙動不審が続き母にはプライドを傷つけられてしまいます。せっかくいい所を見せようとしたのにズタボロでした。逆切れし怒鳴り、間違ってAVを流してみんなドン引きです。その隙にタカシが家を出ます。その姿を隣の家の西野メグミに見られてしまいます。
タカシがまたビデオ屋に向かっているとサトシとミツルがまた金田に絡まれていました。心霊スポットに行って写真を撮ってこいと言われていたのです。丁度そこにミツルの父親が居てミツルの父の写真を心霊写真にすることにしました。

ネタバレと結末

サトシは家に帰り、タカシはミツルと公園に行くとそこでは性行為が始まっていました。なぜかそこで二人は殴り合い、血まみれでビデオ屋に行くと、なんとよくしまる今日子のサイン会の話はデマだったのでした。
見かねた店員は偽のサインを掴ませます。そして帰り道にまたしても金田に奪われてしまいます。
その時タカシと金田たちは暴走族に襲われます。族のリーダーはタカシの家の隣のメグミでした。興奮したタカシはメグミの巨乳を見ておっぱいをもませろと言いますが、無理でした。
次の日、タカシが家に帰ると父が前田の車を洗っていました。タカシは父にカッコよくなりたいといいますが、父は俺のせいじゃないといいます。ベッドに入っていると家族のおかしな会話が聞こえてきて、最後は家族で写真を撮って終わります。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2016年の邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました