おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

ルームロンダリング/あらすじとネタバレと感想

ルームロンダリング2018年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料トライアルを試してみる

スポンサーリンク

ルームロンダリングの概要

制作:2018年 日本
監督:片桐健滋
出演:池田エライザ、渋川清彦、伊藤健太郎、光宗薫、オダギリジョー、他

スポンサーリンク

ルームロンダリングの見どころ

“ルームロンダリング”を仕事にしている少女と、幽霊との心温まる物語である。
主演は池田エライザ。監督は片桐健滋。
映画化の後、テレビドラマ化されている。

ルームロンダリングのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

とあるOLが家に帰ってきた瞬間に何者かに刺されて死んでしまいます。
刺された方も困りますが、問題なのが大家です。人が死んでしまっては借り手がつきません。
そしてルームロンダリングとして誰かに一旦貸して、無かったことにするのでした。一定期間住めばクリーンな空き部屋に浄化させることができ、その間に住むことを仕事にしている八雲御子がアヒルを抱えてやってきます。不動産業の悟郎とそのアパートへやってきたのでした。
御子は5歳の時に事故で父親を、そしてその後母も失踪してしまっていました。母の祖母と暮らすも御子が18歳の時に亡くなってしまいます。祖母の葬式の時に怒鳴り込んできたのが悟郎で、悟郎から紹介された仕事でした。
引っ越しが終り御子が部屋に居ると、風呂場から声がして行ってみるとパンクな少年が居ました。少年は御子が幽霊を見ることがわかると知ってまとわりつきます。ですが御子はさっさと家から出ていき、幼馴染の幽霊はぐむと話します。小学生の時に死んだはぐむはこの世に未練たらたらでした。二人はずっと仲良しです。
悟郎は悟郎できな臭い仕事ばかりこなしています。悟郎はなんだかんだといって、御子を家族だと思っています。御子はパンクな少年の思い残りを手伝ってあげることにしました。
当然御子の部屋に殺されたOLも出てきます。勝手なことばかりいう幽霊たちに嫌になり、はぐむに会いますが「いつまでも俺に依存するな」と言われてしまいます。しかし御子は幽霊たちが自分では何もできないことを思いだし、家に帰るのでした。

ネタバレと結末

OLの言うとおりに犯人の似顔絵を描き、警官に言うも殴られます。その警官こそが犯人だったからなのでした。そしてOL殺しを白状します。
その後、御子は悟郎に連れられていなくなっていた母に会いに行きます。
母は御子を捨てたのではなく、霊が見えるから施設に入っていたのでした。御子は母に向かって走り出すと、すり抜けてしまいます・・・。母もまた亡くなっていたのでした。自分の霊を見る力を呪う御子ですが、その力のおかげで母に再会できたのでした。また、悟郎も霊が見え、御子の祖母に御子の面倒を見るように言われていたのでした。御子の大学費用もちゃんと悟郎はためていました。
アパートの隣に住む亜樹人と御子は歩きながら、二人はちゃんと生きてると笑い合うのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料トライアルを試してみる

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2018年の邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました