おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

スクラップ・ヘブン/あらすじとネタバレと感想

スクラップ・ヘブン2005年の邦画
スポンサーリンク

スクラップ・ヘブンの概要

制作:2005年 日本
監督:李相日
出演:加瀬亮、オダギリジョー、栗山千明、他

スポンサーリンク

スクラップ・ヘブンの見どころ

偶然知り合った人たちが復讐代行業を始めますが爆弾を作る少女が入ってから事態は変わっていく物語である。
キャッチフレーズは、「世界を一瞬で消す方法がわかりました。」
監督は李相日。主演は加瀬亮。

スクラップ・ヘブンのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

正義の味方に憧れて、強い正義感だけ持って警官になった粕谷シンゴ(加瀬亮)は、晴れて警察署勤務になったものの、庶務課でデスクワーク。思うような正義感は出せませんでした。
シンゴはみるみるうちにやる気が無くなってしまい死んだように生きる毎日です。
刑事課に憧れてはいるものの、思うようにはいきません。ある日薮田に連れられて犯罪被害者の弔問に行きます。被害者はストーカー被害を訴えていたものの殺害されていました。シンゴは慰問の帰りにバスに乗りました。
バスの乗客は葛井テツ(オダギリジョー)、薬剤師の藤村サキ、中年の斎藤とシンゴの四人。
すると斎藤は拳銃を持ってバスジャックしました。テツはびっくりして何もできず、テツは撃たれてしまいます。サキはバスが急ブレーキで止まったことで、片目の義眼を落としてしまいます。
最後は斎藤の自殺でバスジャックは終わりました。
そして三か月後、シンゴはテツと再会します。便所掃除を仕事にしているテツの父は地下鉄サリン事件の被害者で、回復したものの退職に追い込まれてしまい精神的に参ってしまったようです。そしてテツの「世の中のヤツは想像力が足りない」という言葉でシンゴは決意します。
公衆便所の落書きを利用して「復讐代行」を開始しました。「誰も傷つかないこと」をモットーにし、復讐を生きがいにしていきます。シンゴは表情も生き生きし、まるで生き返ったようです。薮田もその変化には気が付いていました。
ある日、シンゴの元にサキから助けて欲しいと連絡がありました。彼氏のふりをして欲しいというのです。浮かれてしまったシンゴは仕事でミスをしてしまい署内で浮いてしまいました。

ネタバレと結末

実はそんなサキには裏の顔があり、薬局の薬を使って爆弾をつくることでした。
そのころ、テツの父が自殺してしまいます。テツは暴走してしまい警察を次のターゲットにしてしまいました。そして片っ端から交番を襲い拳銃を奪って行きます。
そこにサキから依頼が入ります。ターゲットは「全部」です。
シンゴは自分たちが盗んだ拳銃がホームレスに流れ、殺人事件を起こし、盗まれた警官は自殺してしまいました。そしてマネして拳銃を取る事件が多発してしまいます。自首してきたテツをシンゴが取り調べ、テツは自殺してしまいました。絶望したシンゴはサキの作った世界を一瞬で消す爆弾を投げますが、通りかかったトラックの水の中に入り消滅してしまいます。何もかもうまくいかないシンゴは呆然と立ち尽くすのでした。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2005年の邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました