おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

オーバー・フェンス/あらすじとネタバレと感想

オーバー・フェンス2016年の邦画
スポンサーリンク

オーバー・フェンスの概要

制作:2016年 日本
監督:山下敦弘
出演:オダギリジョー、蒼井優、松田翔太、他

スポンサーリンク

オーバー・フェンスの見どころ

佐藤泰志の小説「黄金の服」を佐藤泰志監督が映画化。
『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』に続く「函館3部作」の最終章である。
主演はオダギリジョー、蒼井優。
人生に躓いた中年の男と愛に飢えた女がぶつかり合いながら函館で過ごすストーリー。

オーバー・フェンスのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

東京に妻子を置いて別れ、故郷の函館に帰ってくる白岩義男(オダギリジョー)。函館で一人暮らしをし、失業保険をもらいながら職業訓練校に通います。
学校に来る人は年齢も事情もさまざまで、いろんな人生を歩んでいました。
ある日義男は若い女性と中年男性がケンカしているのを見つけ、女が風変わりだったのでそのまま去りました。
義男の両親や妹夫婦は義男のことを気にかけていますが、義男自身は親類を遠ざけていました。
学校を往復するだけの穏やかな日々。ある日同じクラスの代島(松田翔太)に誘われてクラブに行きました。
店に入るとあのケンカしていた奇妙な女が居て代島の知り合いだと紹介されます。田村聡(蒼井優)でした。
店を出た義男を聡が強引に家まで送っていきました。
一人ぼっちの家に帰ってきた義男は妻の父親から届いた手紙を読み直します。娘と孫を義男に返すつもりはないとの手紙でした。義男が手紙を燃やして外に出ると返ったはずの聡がドアの外に居ました。
コンビニにビールを買いに行っていると聡が勝手に怒って帰りました。代島曰く聡は誰とでも寝る女なんだそうです。
義男はなぜか聡が気になり、聡のバイト先の遊園地に行きます。つまらなさそうにバイトしている聡でしたが義男を動物エリアに連れて行き鳥の求愛を真似します。そして自分の家に義男を誘うのでした。
家に着くと聡は隠れて何か薬を飲み、全裸で台所で体を洗いだします。体が腐る気がするという聡をなだめて二人は抱き合いました。

ネタバレと結末

聡は義男の結婚指輪を見て怒り出します。そこでやっと重い口を割りました。
ある日家に帰ると妻が子供の口をふさいでいたこと。それまで仕事に逃げていて家の事を全く顧みなかったこと。聡は「あんたのせいだ」と言い、言い返した義男は聡の家から追い出されてしまいます。
しばらくはまた学校と家の往復でしたが、ある日玄関に聡が居ました。店に同伴してといい、義男もまたソフトボール大会を見に来ないかと仲直りします。
そして義男の妻が函館に来ます。妻は子供のために連絡は取りたいが、復縁する気はないといいます。聡は陰から見ていました。妻が帰った後気持ちをぶつけ合う二人。そして義男もまた親類に会おうという気になりました。ソフトボール大会では聡が来るのを待っていた義男。聡の姿が見え、義男はホームランを出すのでした。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2016年の邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました