踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!/あらすじとネタバレと感想

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 2003年の邦画

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!の概要

制作:2003年 日本
監督:本広克行
出演:織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、水野美紀、ユースケ・サンタマリア、他

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!の見どころ

大人気テレビドラマ踊る大捜査線の劇場2作目となる映画を本広克行監督が映画化。主演は織田裕二。
キャッチコピーは、「DANCE AGAIN.」 「He’s back(彼が戻ってきた)」 「現場に正義を。」(青島) 「所轄に愛を。」(すみれ・和久) 「捜査に信念を。」(雪乃・真下) 「接待にモナカを。」(室井・スリーアミーゴス)
シリーズ最大の大ヒット作品となっています。

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日お台場で湾岸署と本庁合同でテロ対策訓練が行われます。
湾岸署のみんなが犯人テログループとして演技しますが、青島はつい本気になってしまいSATに勝ってしまい、本庁に睨まれてしまうことになります。
その後湾岸署では、男が蜘蛛の糸に縛られたような姿で殺されていたり、女性噛みつき事件など事件が次々に怒りました。
湾岸署のみんなはテロ演技の事件も忘れて、対応に追われることになりました。
その後も蜘蛛の巣事件は増えていき、本庁と合同で捜査していくことになります。湾岸署に本庁の方々がやってくるという事で忙しい合間を縫ってお迎えする準備をすることになりました。
そうして本庁からやってきたのは女性の管理官、沖田管理官でしたが、彼女は湾岸署のメンバーは加えずに本庁だけで事件を解決すると湾岸署の事を小ばかにしているのでした。
噛みつく青島に沖田は事件は会議室で起きてるのよと言い切りました。
青島は無視してスリ事件と噛みつき事件の捜査をします。
沖田が調査していくうちに人が足りないと気が付き、室井に湾岸署から二人用意しろと言いました。

用意されたのは青島とスミレでした。沖田は二人に他の調査はしなくていいからクモの巣事件を全力で調査しろと言います。
スミレもムカつきますが、二人は沖田に本庁が作った秘密の部屋に案内され、国民全員を監視できる部屋に連れて行かれます。プライバシーも何もないのですが、結局その部屋でクモの巣事件の犯人を捜すことになりました。

ネタバレと結末

次のクモの巣事件のターゲットになりそうな女性秘書の警護を任されますが、この秘書は第二のクモの巣事件を目撃したからだけではなく、企業のリストラにも関係していることが解りました。
クモの巣事件では犯人が湾岸署に連絡して挑発してきます。沖田が対応するも話し合いは決裂してしまい真下が交渉人として出てきました。真下の交渉により、企業をリストラされた人々で犯人グループは結成されており犯人の居場所からレインボーブリッジを閉鎖することにします。しかし簡単に封鎖はできません。
そうこうしている間に青島が噛みつき事件の犯人に頭を殴られ、スミレは女子を守るために刺されてしまいます。
湾岸署は沖田を無視して一丸となって犯人グループを捕まえます。

そして青島は功績が讃えられ本庁に表彰されますが、出席せずにまた新たな犯人を追うのでした。

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!のみんなの感想

ネタバレなし

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました