父と暮せば/あらすじとネタバレと感想

父と暮せば2004年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

父と暮せばの概要

制作:2004年 日本
監督:黒木和雄
出演:宮沢りえ、原田芳雄、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

父と暮せばの見どころ

井上ひさしによる戯曲を黒木和雄監督が映画化。
広島の原爆投下をめぐる、父と娘4日間の物語である。
主演は宮沢りえ。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

父と暮せばのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

1948年、夏。
雷が鳴る日、仕事から帰ってきた福吉美津江(宮沢りえ)は父の亡霊と会います。
父は美津江の務める図書館に通う木下を是非、美津江の結婚相手にと思っていました。
美津江もまた、木下のことを気に入っています。しかし美津江は結婚はしないと言い張ります。
美津江は原爆で生き残ったことを、後ろめたい気持ちでいっぱいだったのでした。
父はそんな娘の気持ちを思って、幽霊として出てきたのでした。父は応援したい気持ちでいっぱいです。
次の日、美津江は木下から原爆瓦を預かってきました。木下の下宿先には資料がいっぱいで底が抜けそうなのでした。木下は東北から来た文理科の先生なのでした。
美津江が好きな木下はあの手この手で近づきます。
美津江は昔話の朗読の練習をします。父は原爆の話をすればいいといいますが、その時代はまだ原爆の話はタブーでした。
おもしろおかしく話す父でしたが、美津江にとっても原爆は忘れられないトラウマです。
お話会は雨で中止です。木下は美津江に原爆病が出たのではないのかと心配します。
しかし最近美津江は原爆病は出ていないのでした。美津江はすきらば木下から求婚されていて、原爆病が出れば寝ずに看病すると言われたことを父に言いました。父は大喜びですが、美津江は微妙でした。原爆で亡くなった友達の事、その友達に届かなかった手紙など後悔がやみませんでした。美津江は間一髪で直接原爆を受けずに済んだのでした。その友達の母を見舞いにいくも、だんだんとなぜおまえだけが生きていると暴言を図れるようになって、その母も死んでしまいました。美津江は生き残っている事の方が不自然に思えてくるのです。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

そして木下がまた資料を家に持ってくる日、美津江はもてなす用意をします。
父はお風呂まで焚いていました。それでも美津江は結婚する気がありませんでした。
父が茶化すと、美津江はあの日、火の海の広島で父を見殺しにしてしまったことが一番の罪悪感だと告白します。父はあの日火に巻かれて、何本もの柱の下敷きになりました。早く逃げろ!と言われて迷ってしまい、父にじゃんけんで父が負ければ逃げろとわざと負けて、美津江だけ逃がしたのでした。父は言います。生き残ったものは原爆を伝えることが使命だと。そして美津江はやっと前を向くことができるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました