ぼくたちの家族/あらすじとネタバレと感想

ぼくたちの家族2014年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ぼくたちの家族の概要

制作:2014年 日本
監督:石井裕也
出演:妻夫木聡、池松壮亮、原田美枝子、長塚京三、黒川芽以、佐々木勝彦、梅沢昌代、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ぼくたちの家族の見どころ

ぼくたちの家族は早見和真が体験した小説である。
余命一週間と言われた母のために家族が試される物語。
監督は石井裕也。主演は妻夫木聡。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ぼくたちの家族のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

若菜浩介は若菜家の長男。最近結婚して妻の深雪は妊娠3か月です。
母、玲子に妊娠を知らせ、孫の誕生を楽しみにする玲子でした。
次男の俊平は大学生ですが、玲子に甘えられるだけ甘えています。学校にも行かずお金をせびる毎日でした。
夫と二人で暮らしている玲子は、最近物覚えが悪いことを夫に相談しますが、夫もさして気にせずに聞いていました。
深雪の両親と浩介と若菜家で食事をしますが、その時に玲子は名前を間違えたり意味不明なことを口走ります。そして場の空気を乱した上に、家族がバラバラになるのは避けたいと叫びだします。
うっかりものの母とはいえ、これは何かがおかしいと思った浩介と克明は玲子を病院に連れて行きます。
すると、医師は脳に腫瘍ができているといいました。そして余命一週間とも・・・。
すぐに入院することになった玲子。そして家では家族会議です。すると家に電話がかかってきます。
玲子が暴れているので来てくれとの事。浩介が向かうと、玲子は浩介の事を覚えていませんでした。しかし俊平のことは覚えていました。
そして俊平に家族の不満を一気に話し出します。浩介のダメなところ、夫のダメなところ、本音では家族でハワイに行きたかったことなどをまくしたてます。
その日は夫が病院に泊まりました。しかし夫はうろたえるだけで正直頼りになりません。俊平は俊平でどこか楽観視しているところが目立ちます。怒りますが浩介が中学時代に引きこもりになった時から家族はバラバラだと言われてしまいます。
そして俊平から玲子に300万以上の借金があり、父は父で事業の莫大な借金があり、保証人になった浩介は自己破産もできません。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

妻に相談してもあの母の一件以来、助けてもくれませんでした。
浩介は玲子の手紙を見つけます。自分の持ち物を全部売って、それで葬式をしてくれというものでした。
そして玲子のセカンドオピニオンを探してみると、玲子は脳腫瘍ではなく悪性リンパ腫であり治る可能性があると知らされます。
すぐに手術をしてもらい、無事に回復していきます。
一か月後、浩介は外資系の会社に転職を決めます。俊平はもう大学を辞めてしまって父親の仕事をすることにしました。
そして深雪も初めてお見舞いに来て、和解することができました。
みんなで頑張って借金を返していくことにしました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました