リップヴァンウィンクルの花嫁/あらすじとネタバレと感想

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

リップヴァンウィンクルの花嫁の概要

制作:2016年 日本
監督:岩井俊二
出演:黒木華、綾野剛、Cocco、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

リップヴァンウィンクルの花嫁の見どころ

岩井俊二の小説を岩井俊二監督が映画化。
現代に生きる女性の自立と結婚の心の動きを表せた映画である。
主演は黒木華。この物語は、黒木華をイメージして書かれている。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

リップヴァンウィンクルの花嫁のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

中学の臨時教員をする七海(黒木華)は声が小さいことで、子供にも馬鹿にされていました。
臨時の職員では生活は成り立たず、コンビニや家庭教師のバイトを掛け持ちしています。
唯一の楽しみはクラムボンという名前でSNSをすること。ある日お見合いサイトで知り合った、同じ教師の鉄也と会い、あまり会わないまま結婚を決めてしまいます。七海の両親はすでに離婚しておりましたが、なんでも屋に頼み人数を合わせました。式当日、鉄也にクラムボンは七海ではないのかと言われますがシラを切りました。
声の小さな七海は授業でマイクを使ったことから、「寿退社」という表向きで首になりました。
専業主婦も悪くないかもと思っていたところに、高嶋という男がやってきて、七海の夫鉄也が高嶋の恋人が浮気しているといいます。実は七海は同じころ、家の中でピアスを見つけて安室に浮気調査を頼んでいたのでした。
高嶋が言うには、浮気相手は元生徒だといいました。まるっきり信じ込んでしまい、後日高嶋にホテルに呼び出されていくも、高嶋に襲われそうになり結婚式の時に頼んだなんでも屋の安室を呼び出します。
しかし安室と高嶋はグルであり、七海は盗撮されてしまいます。もちろん安室のおかげで助かったと信じ込んでしまいました。
鉄也の実家で不幸があり、帰るとそこであの時の動画を見せられて、七海の嘘も全てばれていました。
そして何も言えない七海を追い出してしまいます。鉄也も同様に怒っていて話になりませんでした。
七海はホテルで住み込みのベッドメイクをすることにしました。
安室に再会し、以前頼んでいた浮気調査の報告を聞くと、週に二回上京した母親と会っていたことがわかります。マザコンなのか高嶋が別れさせ屋なのかは分かりませんが、いいとばっちりでした。
安室はお金に困っている七海に、七海が以前頼んだ代理出席のようなバイトを持ち掛けられます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

そのバイトで七海は里中真白(Cocco)と出会います。売れない女優だという彼女はネットでリップヴァンウィンクルという名前を使っていました。
再び安室が来て、月に100万かせげるというメイドのバイトを紹介してきました。そこで再び真白と再会し、メイドとして暮らします。
雇い主は真白で、友達が欲しいと言って安室に頼んでいたのでした。ある日真白が高熱を出し、マネージャーの恒吉が連れに来ます。真白はAV女優で高額の給料を払いながら生活していることを知りますが、七海は友達のまま接します。真白は乳がんも抱えており、最後まで明るく接した後ある日自殺してしまいます。
翌朝屋敷に葬儀屋と安室が来て、安室が真白に一人で死ぬのは怖いから一緒に死ぬ人として一千万貰っていたことがわかります。そして安室は一緒に死んだはずの七海が生きていることにびっくりします。
真白の母を探し、遺骨を安室と七海で持って行き、故人をしのびます。
そして七海は派遣教員として復帰し、新しい生活を始めるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました