繕い裁つ人/あらすじとネタバレと感想

繕い裁つ人2015年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

繕い裁つ人の概要

制作:2015年 日本
監督:三島有紀子
出演:中谷美紀、三浦貴大、伊武雅刀、余貴美子、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

繕い裁つ人の見どころ

池辺葵の漫画を三島有紀子監督が映画化。
主演は中谷美紀。
代々続くこだわりの洋服屋さん南洋裁店が、人生を変える服を仕立てていく物語である。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

繕い裁つ人のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

神戸にある南洋裁店。祖母の後をついで、2代目店主南市江(中谷美紀)が回していました。
店の服に見入ってしまった百貨店勤務の藤井は、ブランド化してネットで売ろうといいますが市江は断ります。
祖母の作った遺作を手直ししたり、新作を友人の牧葵の店に下ろしたりしていました。
市江は着る人の顔が見えない服は作りたくないといいます。祖母はもともと一生寄り添い続けるような服だけを作ってきた人で、孫の市江にもそのスピリットが生きていました。
このお店に来る人もまた服に思い入れがある人ばかりでした。
一生ものの服を作り続けた祖母と同じように生きたいと思っているのでした。
そして祖母の葬式には全員が祖母の作った服を着てくるほどのこだわりを壊したくないのです。
そんなことをしりつつも、藤井はせっせと市江の服をブランド化することを進めてきます。
藤井もまた服に思い入れがあり、妹の葉子が車いすで生活していて一枚のワンピースによって明るさを取り戻したことから、服には力があると思っていました。
夜会の季節になると、市江のお店はお客さんが来ます。夜会に出るために洋服を直すためでした。
普段はオシャレとは無縁な生活をしている人々が、祖母の作った服を着ておしゃれして夜会に出かけるのでした。
そしてとうとう藤井は市江のブランド化をあきらめて、転勤願いを出してしまいます。
市江の心を変えることはできなかったのでした。藤井は東京の家具売り場に勤めだします。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

藤井の妹葉子の結婚式のためにやってきた藤井はびっくりします。葉子のウエディングドレスはなんと、市江が仕立てたものでした。ひとめでわかりました。そしてあの妹を替えたワンピースもちゃんと胸元にありました。そしてなんと、市江から申し出て作り上げたものだといいました。
簡単に居場所を替えられる藤井のことがちょっとうらやましくもある市江なのでした。
そしてまた夜会季節が来ます。子供は立ち入り禁止なのですが、少女がスーツを持ってきました。
一年の間に亡くなった祖父のスーツだけ参加させてあげて欲しいというので、市江はトルソーに飾り皆で亡き人を惜しむのでした。
そして市江ははじめて、祖母を超えたいという気持ちが湧きおこります。今生きている人の服を作りたいと思い、お店でせっせと洋服を作るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました