その夜の侍/あらすじとネタバレと感想

その夜の侍2012年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

その夜の侍の概要

制作:2012年 日本
監督:赤堀雅秋
出演:堺雅人、山田孝之、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

その夜の侍の見どころ

原作、脚本、監督を赤堀雅秋が勤めた映画作品。
妻をひき逃げされた夫が復讐に生きる物語である。
主演は堺雅人。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

その夜の侍のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

八月十日、中村健一(堺雅人)は子供こそいないものの、夫婦仲良く暮らしていました。
妻が買い物に行っている間に冷蔵庫のプリンを食べます。妻の久子が電話をすると留守番電話に切り替わり、プリンのことがばれているようです。その後、妻はトラックに牽かれてしまいます。
運転手は木島宏、助手席に乗っていたのは小林英明でした。小林が救急車を呼ぼうとしますが、木島は止めて逃げます。
それから五年後のこと、健一は未だに久子が忘れられないで居ました。
久子の兄は教師をしていて、同僚の川村幸子を健一に紹介します。お見合いをするものの、幸子に謝り断りました。
一方、木島と小林は五年の刑期を終えて刑務所から出てきていました。
木島はタクシーの運転手免許を取得して、タクシーに乗りますがいつの間にかひき逃げ犯人という事が出回っていました。その噂を広めたのは同僚の星だと考えた木島は、暴行をふるい認めさせます。
木島には毎日のように脅迫状が届きます。八月十日にお前を殺して俺も死ぬといった内容でした。木島は健一だと思い、青木(兄)に連絡します。警察に言うぞといい、木島は健一をなんとかしないと100万貰うと脅します。穏便に済ませたい青木は悩みます。
木島は星を連れて、事故現場に行ってみます。するとそこは通行止めになっていて警備員の関由美子と出会います。由美子の財布を取っておびき出します。
そんな中、健一が姿を消してしまいます。前日に最後の夜だと思い、健一はデリヘル穣を呼びますがヒドイ対応を受けてしまいます。
消息を消した健一の事を知った木島は、青木に暴力をふるいました。穴を掘って殺そうとしていました。そんな木島が心底嫌になった小林(実はひき逃げ犯人だと言いふらしたのは小林)は、木島を殴って青木を連れて帰ります。その日は久子の亡くなった八月十日でした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

木島は由美子の部屋に隠れます。星には映画を借りに行かせて、由美子に料理を作らせます。
星に郵便受けを見てくるように言うと、そこにはまた脅迫文がありました。
読んだ後、木島は指定の場所に行きました。すると雨の中、包丁を持った健一が現れます。
しかし木島もまた包丁を持っていました。健一は日本の法律では二人殺すと死刑というのも知っています。
健一は刺されることを望んでいます。木島は健一を殴り、殴り合いが始まります。一通り殴り合うと、九千二入り、健一はここひと月の木島の食べたものを話し出します。そしてお前はただなんとなく生きているだけだといいます。青木が来て、木島と健一は家に帰ります。
幸子が傘を差しだしてくれて、健一は家の消せなかった留守番電話を消去してプリンを体中になすりつけて映画は終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました