東京伝説 蠢く街の狂気/あらすじとネタバレと感想

東京伝説 蠢く街の狂気2004年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

東京伝説 蠢く街の狂気の概要

制作:2004年 日本
監督:及川中
出演:国分佐智子、谷口賢志、中村みづほ、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

東京伝説 蠢く街の狂気の見どころ

平山夢明のホラー小説を及川中監督が映画化。
主演は国分佐智子。
人間の狂気や不条理など、身近に潜むホラーにスポットを当てた映画である。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

東京伝説 蠢く街の狂気のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

マンションの一室でデザイン・コルバスを経営する大沢裕美子。
東京という土地柄からか、マンションではいろんなことがあります。夜中にドアを叩く眼帯の女、娘を虐待する女など、グレーゾーンがまかり通っています。
ある日裕美子の元に、奇妙な手紙が届きます。手紙にはおまえとけっこんすると書かれていました。
裕美子は仕事の相棒でもあり、同居人の増本萌に相談します。しかし小宮修を紹介され、結婚するつもりだと言われてしまいます。
そんなある日、裕美子は同窓会に出ます。みんなで写真を見ていると、ひとりわからない子が居ましたが一週間で転校していった子でした。その御厨をなんとなく裕美子は手紙の主だと思います。
同窓会の会場に裕美子宛に荷物が届きました。中身は裕美子の顔にピアノ線で縫ったもの。由美子は御厨の仕業だと思います。
実は大学時代にも同じ手紙をもらった事があるのでした。由美子はネットで御厨のその後を調べます。
するとMという少年がピアノ線で両親を巻いて殺した事件が当たりました。Mは転校を繰り返し、精神鑑定の結果無罪となって世の中に居るのでした。
その後も御厨からの嫌がらせがあり、探偵に頼むことにしました。少年院を出て海外に行っていましたが、日本に帰ってきて裕美子のマンションの傍に住んでいることが解りました。
探偵とアパートに行くものの、裕美子は怖くてたまりません。幸い誰もいませんでしたがそこに小宮が来て、裕美子は気を失ってしまいます。三人で家に帰ろうとしますが、探偵がピアノ線で首を絞められてしまいます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

マンションに小宮と裕美子で入ります。萌が急に入院することになったと言っていました。
そして小宮が裕美子に大事な話があるとも。
その時小宮の態度が急変します。小宮こそが御厨だったのでした。
御厨は昔の恨みを裕美子に語り出ていきます。由美子は片岡に助けを求めた後、萌に電話します。
萌は御厨の子供を妊娠していたのでした。今度は萌に変装した御厨がデザイン事務所にやってきて、裕美子を拉致します。御厨は裕美子を寝袋に詰めて河原に持ち運びます。
片岡がデザイン事務所に行くとすでに空っぽでした。御厨と裕美子は一緒に海に飛び込みます。
御厨は再度、裕美子にけっこんしてくれる?と聞いてきます。
裕美子は御厨の首を絞め殺し、マンションに帰るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました