案山子 KAKASHI/あらすじとネタバレと感想

案山子 KAKASHI2001年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

案山子 KAKASHIの概要

制作:2001年 日本
監督:鶴田法男
出演:野波麻帆、柴咲コウ、グレース・イップ、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

案山子 KAKASHIの見どころ

伊藤潤二の短編漫画『案山子』『墓標の町』を元に鶴田法男監督が映画化。
行方不明の兄の部屋から手紙が見つかり、閉鎖された村に探しに行く妹が巻き込まれてしまう物語である。
主演は野波麻帆、柴咲コウ。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

案山子 KAKASHIのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

吉川かおるは両親を亡くしており、血のつながりは兄剛しか居ませんでした。
そんな兄がある日失踪してしまいます。剛の部屋を探していると手紙が見つかりました。
同級生の宮守泉からの手紙です。中身はラブレターだったのですが、もしかすると泉が何か知っているのではないかとかおるは思ったのです。泉の住所を頼りに泉の住む町へと出向きます。
車で行きますが、途中で車が故障してしまい歩いていくことに。そして軽トラックに案山子を乗せた車を見かけました。そして行方不明の留学生サリー・チェンに似た人も見かけます。歩いて歩いて、やっとのことで泉の家にたどり着きました。
しかしここにはいないと言われます。母は愛想がなく、医者の父も泉は入院していない。ここから早く出ることを言われてしまいます。かおるは車が故障したことを言うと、一晩泊っていけと言われました。
かおるが寝ていると何かが居る気配がします。こっそりと納屋に忍び込むと案山子がありました。
次の日、車の修理と兄を探すためにかおるは役場に行きます。
村人は案山子をせっせと作っていました。図書館では行方不明のはずのサリーが出勤しています。
警察に兄の事を聞くも知らないと言われ、車の修理もままならないかおるはもう一泊します。
もう一度役場に行くと、そこには兄、剛が案山子を作っていました。
兄を連れて帰ろうとするかおるですが、なぜか藁でできた人間に襲われてしまいます。
一旦泉の家に帰りました。泉の日記を見つけてかおるが読んでいると、泉が帰ってきます。
しかしすぐに逃げてしまったので泉の父親と話をすると、この村では死んだ人を案山子に憑依させて蘇らせる儀式をしているといいました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

泉の母は案山子を作って泉を生き返らせようとしているとのこと。
今は丁度案山子祭りの準備の最中だったのでした。
かおると兄は村から逃げ出そうとしますが、うっかり祭りの中心に出てしまいました。
次々と案山子が蘇って行っています。泉も蘇りますが、母の首を絞めて殺してしまいます。
兄と泉は抱き合い、火をつけました。サリーがやってきてかおるを誘い、二人で逃げることに。
当然村人は追いかけてきますが、あと少し!という所で、案山子になった兄を見つけてしまいかおるは逃げるのをやめてしまうのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました