わたしを離さないで(映画)あらすじとネタバレと感想

わたしを離さないで2010年の洋画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

わたしを離さないでの概要

制作:2010年 イギリス
監督:マーク・ロマネク
出演:キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ、他

わたしを離さないでの見どころ

カズオ・イシグロの小説をマーク・ロマネク監督が映画化。
「1952年 不治とされていた病気の治療が可能となり 1967年 人類の平均寿命は100歳を超えた」 というのは、施設で育った子供が施設から出る時に臓器を提供することが前提であることから、人々の寿命が延びた。そしてその施設で育つ子供の物語である。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

わたしを離さないでのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある仮説の世界では不治の病の治療に成功し、平均年齢が100歳を越えた世界があります。
全寮制の特別な寄宿学校ヘイルシャムでは学校の外に出れません。外の世界とは隔離された一つの世界がそこにはありました。キャシー、ルース、トミーは仲良しで、さして外の世界に興味も抱かなかったのです。
しかしある日、先生がこの学園の本当の目的を話します。学園の子供たちは臓器提供が目的で育てられていたのでした。先生はそれによって命を落とすことを告げ、学校から去ります。
18歳になるとコテージという所に移動し、共同生活をします。他の同じような学園から集められた三人で暮らすというもので、真実の恋をしている二人は少し猶予が与えられるという噂も耳にします。
臓器提供者はコピーであり、クローンだったのでした。コテージで過ごせるのは臓器提供が必要な患者が現れるまでです。
ルースと恋人のトミーは子供たちがギャラリーとしている作品たちが真実の愛の証明ではないかと思います。
そしてトミーを思い続けるキャシーは、臓器提供後の介護の仕事をするためにコテージを去ります。
10年後、介護の仕事をしているキャシーは臓器提供によって、弱り切ったルースに会います。ルースはすでに二回の臓器提供をしていました。
トミーを呼び、ルースとキャシーの三人で小さな旅を提案します。そしてルースはトミーとキャシーに真実の恋の猶予を申請をすすめました。しかしその噂はガセであり、二人は泣き崩れました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

ヘイルシャムで、創作活動が行われていたのはコピーにも心があるかどうかのテストでした。
心があろうがなかろうが、運命は決まっています。生まれた時からコピーなのです。
三度目の臓器提供が終った所でトミーは死んでしまいます。そして呆然とするキャシーの元にも臓器提供の知らせが届きます。キャシーはヘイルシャムでの出来事を思いだして浸ります。臓器提供を受ける側と、提供する側では一体何が違うのかと考えながらも、臓器提供の時間は迫ります。自分たちはどうあがいても悲しい運命からは逃れられないと悲観するのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました