サンブンノイチ/あらすじとネタバレと感想

サンブンノイチ2014年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

サンブンノイチの概要

制作:2014年 日本
監督:品川ヒロシ
出演:藤原竜也、田中聖、小杉竜一、中島美嘉、窪塚洋介、池畑慎之介☆、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

サンブンノイチの見どころ

木下半太の小説を品川ヒロシ監督が映画化。監督映画としては三作目の作品である。
主演は藤原竜也、田中聖。
人生の大逆転をたくらんで、三人組が銀行強盗を実行するが分け前の配分で揉めに揉めてしまう物語である。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

サンブンノイチのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ギャンブルで店の売上を盗んでしまったキャバクラの店長シュウ(藤原竜也)、キャバクラのボーイで無類のギャンブル好きのコジ(田中聖)、見栄っ張りのキャバクラ好きケンさん(小杉竜一)。
キャバクラに接点を置いた三人はお金に困り果てて、銀行強盗をしてしまいます。そして手に入れたお金は一億六千万。オープン前のキャバクラでは三人がお金の配分で揉めています。
三分の一づつという約束だったものの、役割分担からすれば公平ではないと言い出したのです。
それではこの銀行強盗を計画したのは誰なのか?という問いには誰も答えられません。実はこの計画を立てたのはキャバクラ穣の茉莉亜だったのです。実は茉莉亜は店のオーナー翔(窪塚洋介)に言われて、銀行強盗を強要されていたのでした。突然そんなことを言われてもんなひとりではどうにもならないため、お金に困っていたシュウに持ち掛けていたのでした。
シュウは借りてはいけない所から金を借りていたので、二つ返事でOKしました。魔女と呼ばれている渋柿を敵に回すと、金を返さなければあっさり殺されてしまうかもしれませんでした。
オーナーの翔と茉莉亜は揉める三人を見守っています。茉莉亜は三人と自分で翔を殺して、その上でお金を層どりしようとたくらんでいました。
その時聞きつけた渋柿が入ってきます。爆発が起き、ビルは火の火事です。実は三人は茉莉亜らをだますために揉めているフリをしていたのでした。
無事、三人はビルから出ていきました。残った茉莉亜たちは三人に怒り沸騰です。
しかし柿崎は翔の車にはねられてしまいました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

そして三人はケンさんの家に無事逃げ帰ります。トイレに隠してあった残り三分の二のお金も無事にありました。
大金を目の前に、今後の明るい未来しか見えませんでした。幸せの瞬間です。
そこにしれっと翔が現れます。そして茉莉亜を含めた四人にこの金で事業をしようといい、四人はまた翔のもとで働くように言われます。キャバクラが火事になったおかげで翔には火災保険がおります。
三人は「この金でまっとうに生きる」と言いますが、翔は銀行強盗をした人間が何を言っているのだと一喝します。どこまで行っても悪党から逃げることができない三人なのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました