歩いても 歩いても/あらすじとネタバレと感想

歩いても 歩いても2008年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

歩いても 歩いてもの概要

制作:2008年 日本
監督:是枝裕和
出演:阿部寛、夏川結衣、YOU、高橋和也、田中祥平、樹木希林、原田芳雄、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

歩いても歩いてもの見どころ

15年前に亡くなった兄の命日に家族で帰郷した、ちょっと特別な一日の話。
監督は是枝裕和。出演は阿部寛。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

歩いても歩いてものあらすじとネタバレと結末

あらすじ

失業中の横山良多(阿部寛)は再婚相手のゆかりと、ゆかりの連れ子あつしを連れて実家に帰ります。
この日は15年前に亡くなった、兄の順平の命日でした。母と良多の姉はそのころお昼ご飯を作っています。
未亡人と結婚した良多のことを噂しておりました。双方は好いようには見ておらず、あまり気のりはしていませんでした。
良多は良多で開業医の父に会うのが憂鬱でした。しかも良多は失業中です。
実家に着くと、すでに姉と子供が来ていて出迎えてくれました。仏壇に挨拶して、順平の思い出話に花を咲かせます。そして姉と良多の一家は墓参りに行きました。姉は母に同居を迫られているといい、良多が帰りにくくなるから断っているといいました。
帰ると今井良雄というずんぐりむっくりな青年が線香をあげに来ていました。順平は海でおぼれている今井を助けようと海に入って代わりに亡くなったのです。
姉はやんわりと接しますが、父は「こんな奴のために死んだ」とののしり、思わず良多が「医者がそんなに偉いのか!」と言いました。夕方になり姉夫婦が帰り、良多一家と両親で過ごします。険悪な空気は止まりませんでした。
すると今度は母が、昔父が浮気していた時に流れていた曲を「思い出の曲」として流し始めます。
良多は母に今井を呼ぶのをやめろと言いますが、年に一度くらい思いださせてもいいじゃないかと言います。
10年やそこらで、人が亡くなったのを忘れるのはどうかと思うと言われると良多も何も言い返せませんでした。
良多とあつしが先に風呂に入っている時に、母がゆかりに子供をつくるつもりはあるのか聞きます。
これから考えてみるというゆかりに、あつしとの関係が崩れるからやめた方がいいといいました。
良多が風呂から上がると、一匹の黄色いモンシロチョウが近寄ります。母は順平が帰ってきたと喜びました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

翌朝、良多はあつしを連れて、父と散歩します。良多はあつしにいつの日かサッカーを見に行こうと誘います。7年後、父も母もなくなりました。一家はまたお墓参りに来ています。高校生になったあつしと、小さな女の子の四人です。あれから月日は経ちましたが、あの時の約束のサッカーは見に行っておらず、母の夢だったあつしの運転でドライブに行くことも叶わなかったままでした。
帰る途中に、一匹の黄色いモンシロチョウが近寄ります。良多は母の話を思いだし、娘に祖母の話をするのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました