阿修羅のごとく/あらすじとネタバレと感想

阿修羅のごとく2003年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

阿修羅のごとくの概要

制作:2003年 日本
監督:森田芳光
出演:大竹しのぶ、黒木瞳、深津絵里、深田恭子、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

阿修羅のごとくの見どころ

向田邦子の脚本を文庫本し、さらに森田芳光監督が映画化。
四人姉妹が父に愛人と子供が居ることを知り、それぞれの不安を増長させていく物語。
主演は大竹しのぶ。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

阿修羅のごとくのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

昭和54年。
長女の綱子、次女の巻子、三女の滝子、四女の咲子の四姉妹は滝子に呼ばれて集まります。
滝子は父に興信所をつけており、父に愛人と子供が居ることをそこで告げました。
しかし誰も父には報告できません。そして四姉妹にもそれぞれの悩みを抱えていました。
長女の綱子は未亡人でお花の先生をしていますが、料亭の亭主である枡川貞治と不倫をしていました。
しかし次女の巻子にその現場を見られており、巻子は巻子で夫が不倫していることを告白します。
滝子が興信所に聞くと、その子供は父の子供ではないことがわかります。
咲子が母にも知らせようとしますが、皆がそれを止めました。咲子は、父の不倫を知らせるのではなく、今、付き合っているボクサーの彼を紹介しようと思っただけだといいます。
滝子は勤めている図書館で父が来たときに、お父さんたちを見たといいますが父はそっけない感じです。
綱子が料亭に花を生けに行ったとき、突然解雇を言い渡されます。貞治の妻は不倫に気が付いていたのでした。
咲子の彼が試合でダウンしてしまい病院に行くと父は財布ごと渡してやるのでした。
滝子は興信所の男に告白されてしまいます。そして咲子が倒れたと連絡があり、巻子と滝子が送っていくと咲子の彼が他の女と居る所を目撃してしまいます。
咲子は結局彼の子供を妊娠していました。興信所の男はひょんなことから滝子の家で暮らし始めます。そして結婚しようと思うのでした。
そして咲子の彼はまた倒れます。滝子と咲子は昔からライバル心があり、あまり仲良くありませんでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

綱子はお見合いをしていますが、不倫相手のことが忘れられませんでした。
そして父の不倫相手だと思っていた人は、結婚するといいました。そのころ、母が倒れてしまいます。
そして母は父の不倫のことを知っていたといいます。母は許していたとは言いますが、不倫相手のアパートの前で倒れた母のことを責める姉妹。ふじはそのまま亡くなってしまいます。
父と母は仲直りをします。そしてどさくさに紛れて咲子がスーパーで万引きしてしまうのでした。
お金を強請られる咲子とその家族。咲子は夫が意識不明の病室まで店員を連れて行きます。こんなに不幸のどん底に居る私をなぜ責めるのだといいました。店員は逃げ帰りました。
滝子と咲子は和解します。啓子は結婚が決まり、みんなで母のお墓参りに行くのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました