TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ/あらすじとネタバレと感想

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ2016年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬの概要

制作:2016年 日本
監督:宮藤官九郎
出演:長瀬智也、神木隆之介、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、清野菜名、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬの見どころ

宮藤官九郎の4作目の監督作品「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」
主演は長瀬智也、神木隆之介。
地獄に落ちてしまった少年が、地獄から這い上がるまでを物語にしている。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

大助(神木隆之介)は高校二年生。大助は入学してからずっと手塚ひろ美の事が大好きでした。
二年になり、同じクラスになった大助は留まることを知りません。かなり挙動不審なストーカーと化していました。吹奏楽部のひろ美がロックが好きだと言えば、軽音楽部に入り、ひろ美の気を引くためには何でもしました。しかし練習はしません。
そして修学旅行が来ました。髪形こそ失敗したものの、ひろ美に近づくチャンスです。
バスの隣の席は幸い、同じバンドのメンバーでした。席を変わってもらった大助だが、ひろ美とうまく話すことはできませんでした。そしてバスが崖から落ちてしまいます。地獄で目を覚ました大助が見たものは「地獄図ヘルズ」のボーカル(長瀬智也)キラーKでした。大助を含めた皆は死んで地獄に落ちてしまっていたのでした。
しかしそんな大助にもチャンスがありました。一週間に一度閻魔校長の転生のチャンスを与えられることがあるのでした。閻魔校長に認められれば人間に戻ることも可能です。
大助の目標は現世に戻り、ひろ美ちゃんとキスをすること。地獄での成果を得るために頑張ります。
しかし閻魔大王は畜生の道を指示します。いわゆる獣の道。大助はインコとなり、元に戻ります。実家に帰ると、悲しんでいる母と自慰行為している弟が居ました。そして自分の携帯でひろ美ちゃんに告白メールを送ります。インコとしての寿命が尽き、再び地獄に舞い戻ります。
現世と地獄では時間の進み方が違い、現世の10年は地獄では一週間なのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

キラーKは言いました。地獄で行われるバンド同士の対決で優勝したものが天国への切符が手に入る。
大助に地獄図ヘルズに入って欲しいといいます。しかし大助は天国に行きたい訳ではなくひろ美ちゃんと過ごしたかったのです。何度も獣の道を歩まされ、ふと大助は気が付きます。キラーKは大助がで入りしていたスタジオに子供が生まれていたのです。そうこうしているうちにバンドに入って結果を出した大助。大助以外は獣の道へ。大助は天国に行くことになりました。天国に行くと、そこは本当に天国でした。ベッドの上のボタンを押せば何でもできました。そして大助は自殺という名のボタンを押します。すると、大助は地獄に落ち、鬼の姿になっていました。そしてみんなに教えます。「天国は退屈だ。地獄より地獄だった。」と。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました