大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇/あらすじとネタバレと感想

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇2011年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇の概要

制作:2011年 日本
監督:本田隆一
出演:竹野内豊、水川あさみ、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇の見どころ

新婚なのに倦怠感のある夫婦が占い師のすすめで地獄に新婚旅行に行く話。
主演は竹野内豊、水川あさみ。
竹野内豊はコメディ映画初主演である。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

なんとなく成り行きで結婚した咲と信義。新婚なのにすでに倦怠期の老夫婦のような関係です。
新居に引っ越して、荷解きをしていると炊飯ジャーが見当たりませんでした。とりあえず買い物に出かける咲。
スーパーで「ジゴク産」の魚の切り身を見つけ、店員に質問するが答えれる店員がいませんでした。
しかしやわらかくておいしいというので、そのまま買って帰ります。そのあとデパートによると、炊飯ジャーを抱えた怪しい男が居ました。その男の後をつけ屋上に行くと忽然とその男が消えてしまいます。
そしてそこには藻の浮いた古いバスタブがありました。まあいいかと階段を下りていくと、怪しい占いショップがあります。見ていると中から「炊飯ジャーは地獄にあるわよ、地獄行く?」と声をかけられます。そして地獄ツアーのパンフレットを渡されるのでした。
晩御飯にジゴク産のまずい魚を食べつつ愚痴を言う二人。そこで地獄ツアーのパンフレットを見せると、信義が乗り気になり、占いショップに行きました。炊飯ジャーは地獄にあると言われ、二人はツアーに参加することにしました。二人の新婚旅行も兼ねています。
当日二人は屋上に行き、藻の生えたバスタブが地獄の入り口だと言われます。占い師からツアーの注意点を聞き、バスタブに手を入れるとすごい力で中に入り込みました。
地獄に到着し、天使や動物の声がしますが、振り返るとダメだと言われていました。しかし誘惑に負けて二人で振り返ってしまうのでした。振り返った瞬間下に落ちていき、工業地帯にたどり着きます。
しかしそこには肌の赤い人や青い肌の人がいて、二人は逃げます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

肌の青い人はなんとか言葉が通じるようで、青い人の車に乗せてもらいます。
ヨシコと名乗る青い人は、地獄に居ると肌が赤くなったり青くなったりすることを教えてくれました。
二人をホテルまで送り届けてくれ、夜にもまた来るといい帰っていきました。
ホテルには風変わりな風呂があり、サービスを楽しむ二人。夜になりヨシコが来てナイトマーケットを楽しみます。
咲はお別れの時にヨシコを抱きしめると「いつか私を生んでくれ」と言われます。そしてチェックアウトの時間、帰り道は奈落の底を帰ります。そこにふたつの炊飯ジャーがありました。しかし二人はそのジャーを持って帰りませんでした。この旅行をきっかけに、二人は新しい気持ちで向き合うようになり、二人は新しい炊飯ジャーを買いに行くのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました