おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

母なる証明/あらすじとネタバレと感想

母なる証明韓国映画
スポンサーリンク

母なる証明の概要

制作:2009年 韓国
監督:ポン・ジュノ
出演:キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、他

スポンサーリンク

母なる証明の見どころ

知的障害の息子が殺人容疑をかけられ、容疑を晴らすために母が奔放する物語である。
2009年の韓国映画。主演はウォンビン。
観客動員数約300万人の世界的に大ヒット作品である。

母なる証明のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

初老の母は漢方屋を営みながら、知的障害の息子トジュンと暮らしています。
28歳ですが、知能的には子供のまま。それでも母はトジュンを溺愛しています。
ある日の事、悪友のジンテと居て、高級車にいたずらしてしまいます。持ち主に馬鹿だと言われて怒ってしまいます。常々母から馬鹿にされたらやり返せと言ってきたからです。そしていつも最後は母が支払いすることになってしまいます。母は漢方だけでなく、鍼(闇)もしていたのでそのお金で返します。
ある日の事、ジンテと飲みに行くつもりでしたが来なかったので、女子高生のアジョンに声をかけ無視されてしまいます。アジョンはトジュンに石を投げつけました。そしてトジュンはそのまま帰って母の布団で眠りました。
しかし、アジョンは翌朝遺体で発見されてしまいます。アジョンと居たことなどからトジュンが逮捕されてしまいました。
トジュンはやっていないといい、母は弁護士を雇います。が、弁護士は話がわからないトジュンにあきれてしまうのでした。
警察も当てにならないため、母が動きます。まずジンテが怪しいと思い、ジンテの家に忍び込むと、血の付いたゴルフクラブがありました。警察に持ち込むも、それは口紅でした。ジンテは疑われたことに激怒し母に慰謝料を要求し、母も払ってしまいました。
ジンテは代わりに、アジョンに秘密がある事を母に教えます。アジョンを調べると、かなり奔放に男性と寝ていたことが分かり、その男こそが犯人だと思いました。
母はアジョンの携帯を手に入れ、そこにトジュンが思いだした男が写っていました。
その男は廃品回収の老人でした。するとトジュンが石を投げられた後、石を投げ返したことがわかります。

ネタバレと結末

そして母は老人に逆上して殺してしまったのです。
そのまま火をつけて逃げ出します。家に帰ると警察が来て、アジョン殺しの真犯人が捕まったといいます。
アジョンの彼だといいますが、本当はトジュンが殺したことを知っている母はこのことを秘密にします。
幸いにもアジョンは身寄りがなく、助けてくれる人は居ませんでした。
トジュンは出てきて、母と二人で生活していきます。
その後、バスツアーに参加する母を見送りに来たトジュンが焼けた母の鍼道具を渡します。あの老人の家から見つけたものだといいました。そのまま母はバスに乗り込み、記憶をなくすツボに鍼を自分に刺すのでした。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

  1. モモンガ女性50代 より:

    邦題に納得

    知的障害のある息子のことが、いつも気がかりな母親。
    そんな息子が殺人事件の犯人として捕まってしまったら。。

    息子を守るために、行動を起こす母。
    証拠を探しに人家に忍び込んだり、被害者の周辺を調べたり
    スリリングに物語は進行する。

    そして観客は、思わぬ展開に頭を殴られたような気持ちに。
    観終わった後、タイトルの意味が心に重く残った。

韓国映画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました