怪談/あらすじとネタバレと感想

怪談2007年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

怪談の概要

制作:2007年 日本
監督:中田秀夫
出演:尾上菊之助、黒木瞳、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

怪談の見どころ

三遊亭圓朝の落語『真景累ヶ淵』を元に中田秀夫監督がホラー映画化。
キャッチコピーは「ずっと、ずっと、ずっと、あなただけ。」
主演は尾上菊之助、黒木瞳。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

怪談のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

妻に先立たれた宗悦は金貸しを生業にしていました。
新左衛門に30両貸した後、60両にまで膨れ上がっており宗悦は毎日のように新左衛門の家に行き、金を返せというのですが、新左衛門は宗悦を切りつけ、かさねが淵に死体を捨ててしまいます。
いつまでも帰ってこない宗悦を娘と妹が探します。
新左衛門は生活が荒れ切ってしまい、息子を残して死んでしまいます。
25年後深川の町で新左衛門の息子新吉は、タバコ屋をします。
宗悦の娘豊志賀は歌の先生をしていました。二人は恋仲に落ちてしまいます。
しかし娘のけいこ場で働くようになった新吉は、他の女の子に色目を使います。豊志賀は嫉妬から生徒たちに当たり始めます。弟子たちは誰もいなくなってしまいました。
最後に残った新吉も、自分のせいだといい豊志賀から去って行こうとします。止めた豊志賀と新吉はトラブルになり、ケガしてしまう豊志賀。かいがいしく世話をする新吉でしたが、豊志賀の世話の合間に他の女の子と会いに行ってしまいます。そのうちにケガがもとで豊志賀は死んでしまいます。
新吉は新しい女の子と深川を去って行ってしまいました。
しかし旅の途中で女の子は豊志賀の顔になってしまいます。
新吉は夢中で鎌を振り回し、女の子を殺してしまいました。
ふらふらとさまよっていると今度は下越屋の娘が新吉を世話しだします。一生懸命に介抱する下越屋の娘の甲斐あって、新吉は目を覚まします。
その時に、新吉が殺した女の子の死体が上がり街は大騒ぎになりました。
なんとその殺した女の子と下越屋の娘は親戚だったのです。それを聞いた新吉は必死で逃げ出しました。
船乗り場の茶屋に着いた時、そこには豊志賀の所に来ていて新吉と隠れて会っていたお久が居ました。
そこに下越屋の使者がやってきて新吉は下越屋に連れて行かれます。
主人の三蔵と妻が居て、娘のお累と新吉の婿入りの話だったのです。新吉は戸惑い、断ります。
しかし、断られるとは思っていなかったお累は泣き出して、転んで熱湯を浴びてしまいます。顔にやけどの跡が残りました。このことから新吉は婿入りします。新吉は街で酒を飲んでいるとお賤に会います。お賤は三蔵の妾でした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

ある日新吉はお賤に呼ばれて、女の子を殺した現場を見ていたと強請られます。
お金を持って行くと、三蔵がおり出ていけと言われてしまいます。が、お賤が三蔵を殺してしまいます。
そして新吉が自宅に帰ると、嫁の顔も豊志賀になっていました。新吉は嫁も殺してしまいます。
そのまま逃げた新吉がかさねが淵を覗くと水面に豊志賀が居て、引き込まれてしまうのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました