着信アリ/あらすじとネタバレと感想

着信アリ 2004年の邦画

着信アリの概要

制作:2004年 日本
監督:三池崇史
出演:柴咲コウ、堤真一、吹石一恵、永田杏奈、井田篤、他

着信アリの見どころ

日本を恐怖に陥れた「着信アリ」。
謎の死を予告する電話が鳴ると不可解な死を遂げていくという恐怖の話。
その電話は、自分の電話番号からの発信であり未来の時刻であり死ぬ間際の映像、動画が送られてきてその通りに死んでしまうというものだ。
主演は柴咲コウ。監督は三池崇史で映画化。

着信アリのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

女子大生ユミ(柴咲コウ)は周りの友達が次々と謎の死の予告電話によって死んでいってしまう。
友達の葬儀の帰りに、違う友達の携帯電話が鳴っているが友達は着信音が違うから、私の電話ではないという。しかし電話を見ると、自分の携帯番号と「着信アリ」という表示が。
留守番電話に入っている声を聴いてみると未来の時刻から踏切で叫ぶ自分の声が入っていました。あまりにもできすぎたいたずらということでその場は気にせずに帰りました。
ユミは幼少時代の虐待からノゾキアナ自体が怖くなっています。
着信があった友達から、未来の日付の日に買い物に行こうとお誘いの電話がかかってきます。すると、デジャブのように留守番電話と同じセリフが友達から出てきました。その直後、友達は踏切の音と共に電車に引かれて死んでしまいます。友達の口からは赤い飴玉が出てきました。
またまた葬式に出ていたユミ。そこで山下という男と出会いました。
葬式の帰り、前を歩いていた高校生の話が耳に入ったのですが、友達は電車に引かれてもしばらくは生きていたようです。女子高生たちがやっぱり殺されたんだよと噂していると思わずユミも教えて欲しいと話に加わりました。そこで死の予告電話の事を知ります。同じ話でしたが、発見もありました。死んだ人のメモリーから次の犠牲者を選ぶというものです。次のターゲットはケンジという友達でした。同じようにメッセージが入り死んでしまいました。そして同じように赤い飴玉が出てきました。

ネタバレと結末

新たにターゲットにされた友達はテレビに出ることになり、撮影中に亡くなってしまいます。そして次のターゲットはユミでした。ユミの周りは、特に山下が事件の真相を追います。そしてたどり着いたのが水沼マリエという女。
その女は代理ミュンヒハウゼン症候群でした。マリエが入院している病院を探します。そこは廃病院となっていましたが山下が自分が行ってくるから待って居ろと言ったものの、ユミは待ちきれずに自分も入っていきます。マリエの死体を時間ギリギリで探し当てたユミは死を免れます。しかし本当の目的はユミではなく、山下なのでした・・・。
ユミを虐待していたのは、母親ではなく姉。そして山下は刺されてしまい、病院のベッドで監禁されてしまうのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました