ゆるキャン△/あらすじとネタバレと感想

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ゆるキャン△の概要

制作:2020年 日本
監督:二宮崇、吉野主、玉澤恭平
出演:福原遥、大原優乃、田辺桃子、箭内夢菜、志田彩良、柳ゆり菜、土村芳、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ゆるキャン△の見どころ

ゆるキャン△の第1話を見た人の感想(第1話終了時点のアンケート)

1月9日の第1話が放送された時点での視聴者からの感想です。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

実写のドラマはなぁ…と思いつつ、余り期待せずに視聴したのですが、思っていたよりは面白くなりそうで驚きました。
カレーヌードルを美味そうにすするシーン等、原作もちゃんと再現されていて、「おおっ」となりました。
福原遥ちゃん可愛かったです。
ただ、化粧も完璧で衣装の乱れも無いキャンプってどうよと思いましたが、日本のドラマは寝起きの人間が髪型もビシッと決まっていて寝癖も無いなど、昔からこういう感じなので、もう慣れました。
一応、次回への期待を煽られる作りになっていたので、次も見てみようかと思いました。
まさにタイトルどおり、のんびりしたキャンプライフを楽しんでいる様子を覗き見ることができるので楽しかったです。女性一人のキャンプは危険なのではないかと思っていましたが、このドラマを見て自分もやってみたいなと思うほどでした。特にカップヌードルのカレー味はすぐに買いに行きたいと思うほど美味しそうでしたし、薪を拾うのもやってみたいです。今まで一人でキャンプをしていたリンちゃんですが、なでしこと友達になり、さらにキャンプ仲間も増えていくのではないかと楽しみです。
主人公の志摩リンを演じていた、福原遥さんに少し違和感がありました。この志摩リンはアニメ版ではクールで他人と群れるのがあまり好きではない女の子です。なので、福原遥さんのような可愛らしい方ではなく、もっとキリっとしたクールビューティーな俳優さんが良かったのではないなと思いました。
一方でもう一人の主人公の各務原なでしこを演じる大原優乃さんは、天真爛漫で人懐っこい役を見事に演じていたなと1話を見る限りでは思いました。
ドラマ全体としては、基本的に登場人物の服装や雰囲気、キャンプの仕方、ストーリーまでアニメに忠実な点が、とても良かったです。
元々アニメの大ファンで毎週欠かさず観ていました。今回、またゆるキャン△がやるということでアニメの2期かな?と思っていたのですが、まさかの実写ドラマ・・・。先行でワンショット画像やCMなど観ましたがイマイチかなぁと思いながらもドラマを観ました。
すると、キャラクターに似てる!というわけではないものの、それぞれの子がとても可愛くて、また、物語で出てきたカレー麺が美味しそうすぎて・・・!
ドラマにはドラマの良さがあるんだなと実感できた第一話でした!
ゆるキャン△第Ⅰ話「ふじさんとカレーめん」見ました。ゆるキャン△は、ロケーションが地元で近くて親近感があって家族全員好きなので、今後の展開にもよりますが、仕事や急な用事がなければ、可能な限り毎週欠かさず見たいと思っています。待望の第1話は「ふじさんとカレーめん」という事で、主人公は女子高生「リン」が、オフシーンである冬の富士山麓で独りキャンプを始めるところからスタートします。防寒で火を焚くのに、松ぼっくりは火が付きやすくて着火剤として最適とか薪を集める時の選び方などの実務に役立つ解説もあります。そこで、同じ女子高の「なでしこ」に出会います。リンは、なでしこにカップ麺をごちそうしたり、夜の富士山の美しさに感動したりしている内に、二人は段々話が盛り上がったりします。ソロでしかキャンプしたことのなかったリンは、二人でキャンプすることの良さを感じ始めます。どうやら、「なでしこ」は迷子になっていたようで、「なでしこ」のお姉さんが迎えに来てくれて、ラーメンを頂いたりした御礼にキウイをもらいます。そして「なでしこ」は、キャンプの良さに感化されます。そして、実は、「リン」と「なでしこ」は同じ学校だったことがわかる下駄箱のシーンで第1回目は終わります。
次回は「ようこそ野クルへ!」です。また次週も見る予定です。

ゆるキャン△のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ネタバレと結末

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました