僕はどこから/あらすじとネタバレと感想

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

僕はどこからの概要

制作:2020年 日本
監督:瀧悠輔、熊坂出、大内隆弘
出演:中島裕翔、間宮祥太朗、上白石萌歌、音尾琢真、高橋努、アイクぬわら、若林豪、須藤理彩、笠松将、仙道敦子、他

僕はどこからの見どころ

僕はどこからの第1話を見た人の感想(第1話終了時点のアンケート)

1月5日の第1話が放送された時点での視聴者からの感想です。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

いきなり銃を突きつけられ音楽が流れて、ギャグ要素の強いドラマなのかと思った。冴えない小説家とどう繋がるのだろう。上白石萌歌が可愛いなあと引き込まれていき、文字が降ってくる演出で主人公がどういう能力を持っているのかが気になった。最後唐突にヤクザと手を組み合わし、2人は昔からの知り合いだとわかるシーンがあるがダサいと思ってしまった。あの主人公がそんな咄嗟に反応できるのか?最初と最後だけ面白い。見続ければ味がでてくるのかなという印象を受けた。
中島裕翔さんの演技が上手で、いつも真面目な純粋な役をされるので好感があり今回絶対観ようと決めていました。お母さんが病気で訳ありっぽかったのが気になりますし、お金に困ってたところに悪そうな仕事に巻き込まれそうになっているので今後染まっていってしまうのか、それとも純粋なままを貫くのか気になります。間宮祥太朗のやくざぶりも上手でしたし、今は悪事に利用しようと思っていても2人の友情は最後まで崩れて欲しくないなと思います。
丸々そのままコピーできる特殊能力を持ってるのはすごいと思いました。でも仕事ではそれが評価されずパクりだと言われるのは辛いと思いました。小説家としての人生と大変なのに認知症の母親の介護までしっかりやってすごいと思いました。組長になった藤原さんのヤクザ、見た目からすごいし怖いと思ってしまいました。井上さんはトマトの種の部分だけ取って食べたりするのものすごく不気味でした。アイク、コンビニ店員似合っていました。
1話を見ましたが、正直に言うと全く面白くありませんでした。ただ1話で諦めるには、キャストが豪華だったので、2話以降も一応見るつもりですがそれでも面白くないときはリタイアするつもりです。主人公が特殊な能力を持っているようですが、まだそれがはっきりしていないのでモヤモヤがあります。あと高校時代の同級生と再会したことで、極道の世界に巻き込まれていく展開は少し面白そうだと感じました。シリアスなのかコメディなのかは判断が難しいドラマだと感じました。
竹内薫は特殊能力を持つ小説家志望の男性で、特殊能力のせいで辛い目に遭ってしまっているのが可哀そうになっていました。
その彼とは全然違う世界に生きているのが藤原智美で22歳と若さで組長になったヤクザ界のエリートです。
この二人は、全く別の世界で生きていますが実は同級生というのが面白いです。
藤原智美の妹に今注目の女優の上白石萌歌さんが演じており彼女の演技に引き込まれました。
面白い設定のドラマで楽しめました。

僕はどこからのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ネタバレと結末

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました