酔いがさめたら、うちに帰ろう。/あらすじとネタバレと感想

酔いがさめたら、うちに帰ろう。2010年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

酔いがさめたら、うちに帰ろう。の概要

制作:2010年 日本
監督:東陽一
出演:浅野忠信、永作博美、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

酔いがさめたら、うちに帰ろう。の見どころ

西原理恵子の元夫である、戦場カメラマン鴨志田穣の自伝小説を東陽一監督が映画化。
西原理恵子もイラストを提供するとともに、精神科患者役で出演。
アルコール依存症と戦い、死んでいった話である。
出演は浅野忠信、永作博美。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

酔いがさめたら、うちに帰ろう。のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

来週こそは素面で家族と会うという塚原安行(浅野忠信)は、浴びるように酒を飲み、トイレで吐血してしまう。一緒に暮らしていた母が気が付き、救急車で病院に。そこに連絡を受けた園田由紀(永作博美)も来ます。
しかし子供を置いてきたために一時帰りました。
病院に運ばれてから三日して塚原は目を覚まします。医師からは目が覚めないかもしれないことを伝えられていた母はほっとするのでした。
実は塚原はこれで10回目の吐血です。母は死ぬなら一人で死ねと言います。
そこへ園田が塚原との子供を二人連れてきます。二人は以前結婚していて、男の子と女の子が生まれました。しかそ塚原の酒癖が悪くて離婚していたのです。殴られたことも、子供の前で暴れることも、原稿を破り捨てられたこともあります。
そして見舞いに来てくれた家族に、塚原はアルコール依存症の病院に行くことを誓いました。
アルコール依存症は完治が難しい病気です。
塚原はこれまで過酷の地である戦場へ出向きカメラマンとしてやってきました。そのことが原因であると思う園田でしたが、本当の事は分かりませんでした。
しかし、塚原の父もまたアルコール依存症であったことからおおよその予測は付きます。
一刻も早くアルコール依存症から抜け出させてあげたいと思う園田なのでした。
そして離婚した後も、子供たちのためにも世話を焼くのでした。
母が塚原を連れて依存症の病院に行くとき「子供の事だけ考えろ」と言いますが、塚原は「自分の父親は全く子供の事を考えなかった」といい空気が悪くなります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

塚原は入院ではなく通院になりました。抗酒剤と睡眠薬を飲んで様子を見ようということでした。
しかし、子供たちと一緒にすし屋に入った時に奈良漬を食べてしまい、アルコールが再発してしまいます。
帰ってきた時には頭から血を流していました。母は精神科病棟に入院させることにし、アルコール病棟に入ります。次、倒れたら死ぬとまで脅されてしまいます。
しかしアルコール病棟でもいろいろあります。死期も近いため、家族との時間を進められます。
嫌いだった父と全く同じ道を歩んでいる自分に落ち込みます。
三か月後、家族で暮らす塚原。しかしもうそこまで塚原の死は迫っています。
皆で海に行き、そこで遊ぶ子供と塚原を園田が見守っているのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました