好きだ、/あらすじとネタバレと感想

好きだ、2006年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

好きだ、の概要

制作:2006年 日本
監督:石川寛
出演:宮崎あおい、西島秀俊、永作博美、瑛太、他

好きだ、の見どころ

「好きだ」と言えない男女の17年の恋愛を、女性目線、男性目線で綴る。
主演は宮崎あおい、瑛太。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

好きだ、のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

17歳のユウとヨースケは高校の同級生です。
ヨースケはそれまで野球に打ち込んでいましたが、ギターをはじめ、髪をセットしだします。
いつも河原でギターを弾くユースケのメロディがユウにも移ります。ユウの姉は半年前に恋人を事故でなくしました。
姉の話をするが、ヨースケは思春期なので姉の制服ばかりが気になります。そしてヨースケは姉の事が好きだと思い込んだユウは姉の制服を着て学校に行くという行動に出ます。
そして姉をユースケに会わせます。そしてまたいつものようにユウとヨースケは河原で話をします。
ユウは突然ヨースケにキスをしました。焦って黙って帰るヨースケ。ユウは落ち込みます。
そして再び姉がヨースケに会いたいと言っているといいます。しかしその道中で姉が事故に合い、自分のせいだと落ち込んでしまうユウなのでした。
ここで視点はヨースケになります。
17年後、大人になったユースケはギターのことから、音楽業界で生きていました。
ある日の帰り道、酔いつぶれた女性から財布を盗もうとするのを止めて、虎美という女性を家に連れて帰ります。
虎美もユースケも人生の岐路に立たされており、うまくいかなかったときはどうするかなどを話します。
ある日、ユースケがスタジオに居るとユウがやってきました。ユウは音楽制作会社の事務をしていたのです。
二人は久しぶりに再会して飲みに行きました。そしてヨースケの家に行き、思い出話をします。
ユウはあの時の歌を聞きますが、ユースケはもう覚えていませんでした。
ユースケはユウの姉の事を聞きますが、ユウは泣き出してしまいます。今度はユースケがユウにキスをしました。
姉はあの事故以来、一度も目が覚めていないのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

二人はユウの姉の病院に、姉に会いにいきました。
ヨースケは姉を見て、自分の意志で眠っているのではないかと思いました。
誰が話しかけても姉は反応がありません。そして二人は連絡先も交換しないまま別れてしまいます。
ヨースケは少年時代の自分がユウにキスされた時に、なぜ何も言わずに帰ったのかを自問自答します。
そしてユウの会社を突き止めて、聞かせたい曲があるからもう一度会いたいといいます。
ユウとの待ち合わせをしていた時に、虎美の財布を取ろうとしていた男が、ユースケを刺します。遠ざかる意識の中、目が覚めると病院で、ユウが隣に居ました。ヨースケが目を覚ますと、ユウが「好きだ」と言いました。そしてユースケもユウに「俺も」というのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました