初恋/あらすじとネタバレと感想

初恋2006年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

初恋の概要

制作:2006年 日本
監督:塙幸成
出演:宮﨑あおい、小出恵介、宮﨑将、藤村俊二、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

初恋の見どころ

中原みすずの小説、初恋を塙幸成監督が映画化。
三億円強奪事件の犯人は女子高生。という設定で、少女の切ないラブストーリーを展開する。
主演は宮崎あおい、小出恵介。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

初恋のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

1960年代の東京で女子高生をしているみすず。
家族運には恵まれず、叔父の家で生活し、学校にも友達はいませんでした。
そして一人で入ったジャズ喫茶に行きました。そのジャズ喫茶は兄が「何かあったらここに連絡をしろ」と言われて指定されたものでした。兄はいなかったものの、ジャズ喫茶に出入りするメンバーと仲良くなり、生まれて初めて仲間意識を持ちました。
そのメンバーの中で、一人だけ雰囲気の違う男性が居ました。東大生の岸です。知的な雰囲気がある岸にみすずは夢中になっていきます。ある日の事、みすずは岸に相談されます。岸は三億円を積んだ現金輸送車を白バイ警官のふりをして奪い取るという計画を練っていました。岸は家庭環境から国家や権力を憎んでおり、国家や権力に知識で抵抗することを計画していたのです。
岸は、計画は立てれるが実行するのはみすずしかいないと思っていました。みすずは前にバイクの運転を習っており、女子高生であることから犯人とは疑われないと推測していたのです。
みすずは悩んだ末に引き受けます。そして岸とみすずは三億円を奪う特訓しだしたのです。
岸と一緒に居れる時間を嬉しく思うみすずですが、計画が終れば会えなくなるという不安も抱いていました。
1968年12月10日についに計画は実行されます。トラブルもあったものの、計画は無事に終わり二人は空き家に忍び込み、成功を喜びます。そして以前からこの計画が成功したら、自分は姿を隠すと言っていた岸は、隠れ家として借りていたアパートのカギをみすずに渡します。
みすずはそのアパートで待つことにし、なるべく早く戻ると岸も言いました。
岸もみすずもお金が欲しいわけではなかったので、三億円はアパートの押し入れに入れておきます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

実は岸は現職の大臣の息子でした。
ニュースで三億円の中のシリアルが発表されたものだけを抜き、札と共に声明文をマスコミや政治家に送りつけます。しかし失敗し、そのまま三億円を持って海外に飛べと言われるのでした。
みすずは、何も知らされず受験勉強をし、東大に受かります。そしてそのまま岸のアパートに住み着きます。
そこには岸がいつも読んでいた本があり、中を見ると岸もまたみすずに恋をしていたことを知ります。
そのまま岸は行方不明、みすずは初恋を胸に生活していきます。そして三億円事件は時効を迎え、盗まれた紙幣も一枚も使われた形跡がないままでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました