死にゆく妻との旅路/あらすじとネタバレと感想

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

死にゆく妻との旅路の概要

制作:2011年 日本
監督:塙幸成
出演:三浦友和、石田ゆり子、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

死にゆく妻との旅路の見どころ

清水久典の手記を元に塙幸成監督が映画化。
ガンで余命わずかの妻と9カ月にわたって放浪し、結果として妻を死なせた罪に問われた罪で捕まった男の話。
主演は三浦友和、石田ゆり子。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

死にゆく妻との旅路のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

清水久典(三浦友和)は4000万の借金から逃げていた。ワゴン車に乗っていろんなところで寝泊まりし、手元にある50万を持って日々あてもなくすごしていました。
清水ひとみ(石田ゆり子)は大腸がんの手術後、娘の沙織の家に行くことになりました。沙織の家には生まれたばかりの赤ん坊が居ます。幸せな空間に入り、ひとみは行方不明になった夫の帰りを待っていました。
三カ月たったころ、ひとみが目を覚ましリビングに行くと久典が居ました。ひとみは喜びます。
そして久典は姉に電話すると、姉が自己破産を進めるが、久典は受け入れませんでした。
ひとみは娘の沙織の家から出て、久典と一緒に居ることを選択します。二人はワゴンで旅し、いろいろな所に行きます。
姫路に行き、ハローワークに行くが50歳を超えた久典はなかなか仕事が見つかりません。
旅しながらいろんなハローワークに行きますが、結果は変わりませんでした。ドライブのようで楽しむひとみは、少女のように喜んでいました。
海辺で車中泊していると警官が来ます。そして免許を見せられ、近くの老人夫婦が餓死していたことを告げて、変なことは考えないようにといい去っていきました。
ドライブを重ねているうちに、ひとみはおなかが痛くなる。久典は病院を提案するも、ひとみは拒否するのでした。夏になり、ひとみの体力が無くなってきました。
顔にも元気がなく、風呂に誘うも断るひとみに久典は夏だからな・・・と力なく同意するのでした。
ひとみの具合は日を増すごとに悪くなっていきました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

ひとみの死が近くなっていることを感じ取っている久典はひとり声を殺して泣いてしまいます。
そうしている間にも、ひとみは歩けなくなってしまい、食べ物も拒否してしまうようになってしまいました。
耐えられなくなった久典はひとみを病院に連れて行くが、ひとみは抜け出してきてしまいます。
しかし痛みはひどくなる一方のひとみ。久典にも暴言を吐くことが増えました。
秋になるとひとみはおむつをしだし、好きなものも食べられなくなってしまいました。
ひとみは久典を一人にできないと思っていたのでした。
そして初めてデートした東尋坊に行きたいというひとみの希望を叶えて車を走らせていると、その途中でひとみは亡くなってしまいました。
やがて久典は警察に捕まります。保護責任者遺棄致死罪でした。
久典を沙織が迎えに来ました。ワゴン車を見て亡く久典を沙織が正気に戻し、連れて帰るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました