しあわせのパン/あらすじとネタバレと感想

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

しあわせのパンの概要

制作:2012年 日本
監督:三島有紀子
出演:原田知世、大泉洋、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

しあわせのパンの見どころ

北海道を舞台にしたパンカフェをオープンした夫婦とそこに来るお客さんの話。
三島有紀子監督が主題歌でもある矢野顕子with忌野清志郎の「ひとつだけ」の歌からヒントを得て作成されたハートフル映画である。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

しあわせのパンのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

尚と、りえは夫婦で東京から来ました。北海道の洞爺湖の近くの月浦に湖がきれいに見える丘に小さなロッジを建ててパン屋さんを開きます。
尚がパンを焼き、りえが料理とコーヒーを担当していました。お店の名前はマーニです。
りえは家族の事で悲しみに入り込み、お疲れ気味だったところに、尚と結婚しお店を始めました。心のこもったパンと居心地の良さに地元の人にも評判になります。宿泊施設も作っています。
パンも凝っていました。竃を使い薪で焼くパン。家庭菜園でとってきた野菜と料理も絶品です。
そして夏になると、電話があり、二泊泊まりたいといわれます。そうして香織が来ました。ガラス作家にコロポックリという人形を渡し、幸せをくれる人形だといい渡します。香織は誕生日をマーニで祝ってもらい、今までで一番の誕生日だったと幸せそうでした。しかし香織は失恋してマーニにきていました。二人のもてなしで少しづつ元気になり、店に来ていた時生と香織は夏の終わりには二人でマーニを卒業します。
そして秋が来ると、未久という不登校の少女が来ました。
あまり話さない未久。未久はお母さんが出て行ったのが原因でお父さんとも話せなくなっていました。
ある日お父さんと一緒にマーニに来て、さみしかった気持ちを話し出しました。二人は一つのパンを分けて食べて心を癒します。
冬のある日、関西弁の初老の坂本夫婦がマーニに泊まりに来ます。夫婦は50年前の新婚旅行を辿っていました。二人は神戸でずっと銭湯を営んでいましたが、震災で娘を亡くしていたのでした。元気も無くなってきた奥様でしたが、マーニで少しづつ元気を取り戻して帰っていきました。
春になって奥様が亡くなった知らせがマーニに来ました。
しかし坂本自体は元気でした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

りえは、まだ悲しみの中に居ました。
しかしりえは、尚がいつもそばに居てくれることで心を癒していました。尚自体は、りえと一緒に居ることが一番の幸せだったので幸せいっぱいなのです。りえもそのことに気づき、笑顔を取り戻します。
ふたりはお世話になったみんなにパンを焼いて送ります。その後、りえが尚に「来年の配達が決まった」と言います。今度はどこから来るの?と聞かれて、自分のおなかを指すのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました