軽蔑/あらすじとネタバレと感想

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

軽蔑の概要

制作:2011年 日本
監督:廣木隆一
出演:高良健吾、鈴木杏、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

軽蔑の見どころ

中上健次の小説「軽蔑」を廣木隆一監督が映画化。
キャッチコピーは「世界は二人を、愛さなかった。」
遊び人の男とストリッパーの逃避行を、世間が許さなかった話である。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

軽蔑のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

新宿歌舞伎町のポールダンサー真知子と旧家のひとり息子でありながら、遊び人であるカズ。
歌舞伎町で出会い、二人は一瞬で恋に落ち、そしてカズの故郷に帰ります。しかし放蕩息子であり、何一つ親のいう事を聞いてこなかったカズは厳しい目で見られ、踊り子であった真知子の事も反対されてしまいます。
真知子のために働きだすカズ。しかし世間では風俗上がりの嫁を連れて帰ったカズを好機の目で見るだけでなく、冷たく当たります。二人はそれまで都会で自由に生きてきたので、息が詰まりだします。
都会では男女の差はなく半々ということがまかり通りますが、田舎ではそうはいきませんでした。どれだけ田舎のマイルールを押し付けられても耐えてきた真知子でしたが、ある日とうとう孤独と不安に押しつぶされれしまい東京に帰りました。カズは父に金だったらやるから東京に返せと言われてしまいます。
しかしカズも追いかけていき、真知子を探します。このことがきっかけで、二人は認められて無事に結婚しました。しかし閉塞感はそのまま続きます。カズもはじめだけは真面目に仕事をしていましたが、酒屋の仕事もなかなかうまくいかずに怒られてばかりでした。そのうちに仕事を辞め、浮気しだします。そして遊ぶところもないのでギャンブルに走りました。
真知子はカズがギャンブルで借金を負っていることを知ります。カズは仕事も首になり、実家からも追い出され、カズを負うヤクザは止まりません。ヤクザは真知子を売れといってきます。真知子はカズのためなら何でもする覚悟です。
追い込まれたカズは昔の友達とヤクザの賭博場を襲う計画をしましたが、うまくいきませんでした。友達は先につかまり、半殺しにされてしまいました。次はカズです。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

カズは真知子だけでも助けようと、真知子に東京に帰れといいました。
しかし真知子は一人で帰るくらいなら死ぬといいます。カズは友達も半殺しにされていて、このまま引き下がれないと思っています。カズは真知子に必ず迎えに行くことを約束して、真知子を東京に帰らせます。
そしてその後、カズは覚悟を決めて、ヤクザの事務所に行って刺し違えるのでした。
嫌な予感がした真知子は、途中で引き返しますが、そこには瀕死のカズが居たのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました