いま、会いにゆきます/あらすじとネタバレと感想

いま、会いにゆきます 2004年の邦画

いま、会いにゆきますの概要

制作:2004年 日本
監督:土井裕泰
出演:竹内結子、中村獅童、武井証、美山加恋、浅利陽介、他

いま、会いにゆきますの見どころ

市川拓司のファンタジー小説を土井裕泰監督が映画化。
世界の中心で、愛をさけぶを作成した同じ政策委員会である。
主演は竹内結子、中村獅童。

いま、会いにゆきますのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

司法書士事務所に勤める巧(中村獅童)は一年前に妻(竹内結子)を亡くし、妻の忘れ形見である一人息子の祐司と二人暮らしです。
小学生になった祐司に、父親らしいことをしようとしますが人混みの中で倒れてしまいます。
巧は脳の病気を患っており、仕事に支障はないもののたまにひょっこり病気が出てしまいます。
裕司は澪が雨の季節になったら戻ってくると言い残していたので、梅雨に入るのを心待ちにしていました。
ある日のこと、澪とよく行っていた廃工場に遊びに行くと、そこには澪がいました。しかし澪自信は記憶を失っており、二人の事がよく分かりませんでした。
二人は澪を家に連れて帰り、結婚して子供が居ることを話します。澪は死んだことすらわかっていないので、家を見て自分はこんなにだらしない人間なのかを何度も問います。
そしてそのまま三人で暮らしだします。
裕司は澪の生前に埋めたタイムカプセルを探し出し、持ち帰ります。
その箱を開けると、夫婦が付き合っていた時の手紙や高校時代からの日記が出てきました。そして澪が読み、自分が一緒に居られるのは雨の時期だけだと知ります。澪は自分がまた消えても、裕司がさみしくないように12年分のケーキを予約するのでした。そしてまた自分が消えても、やっていけるように裕司に家事を教えだします。
澪は巧の会社の女性に会いに行き、女性も驚きましたが、もし自分が居なくなったら二人の事を頼めないかと相談に行きます。いつの間にか泣きながら話してしまい、女性はそんなことありえない。というのでした。

ネタバレと結末

裕司も梅雨の季節が終ると澪が消えてしまうのではないかと、薄々感じ取っていました。梅雨が明けるサインの蝉の声を聴き、学校から急いで帰ります。
裕司は自分と引き換えに、澪が死んでしまったのではないかと思っています。澪は完全否定し、抱きしめました。そして巧も梅雨明けのニュースを聞き、急いで家に帰りますがそこに二人の姿がなく、廃工場へ急ぎます。廃工場では二人が巧が来るのを待っていました。
もうすぐ澪が消えるという時に巧が現れて、今までの事を詫びますが澪はそばに居れただけで幸せだったといい、裕司の事をお願いします。巧が澪の手をポケットに入れると、澪はそのまま消えてしまいました。
澪が消えた後、巧は澪の日記を見つけます。高校時代からずっと巧に片思いしていたのでした。
そして20歳のころの澪は、29歳の巧と裕司に会っていました。澪は巧と結婚すると自分が死んでしまうことを知りながら、巧と結婚したことがわかりました。

いま、会いにゆきますのみんなの感想

ネタバレなし

いま、会いにゆきますは、何度見ても感動することができる、そんな映画です。子供の演技もよかったですね。そんな有名ではないと思うのですが、とても感情がこもっていて感心したことでした。この映画は、子供さんがいる人なら必ずと言っていいほど泣くと思います。この私も最初から、最後まで泣き続けていました。ストーリーからしてその寂しさ、悲しさが何度も押し寄せてくる映画だと思います。(50代女性)

ネタバレあり

若くして亡くなってしまった澪が、雨の季節によみがえり家族との絆を確かめるという感動的な物語で、とても素晴らしいです。
記憶をなくしている澪が徐々に再び家族となっていく、心温まる感じが描かれていて、見ていて引き込まれます。
なんといっても、映画版とドラマ版両方で秋穂佑司を演じている武井証君が、表情豊かな演技を披露していて、再び目の前に現れたお母さんの澪に甘えている感じがとても可愛いです。(30代男性)
オープニング場面がどにかく印象的。ラストにすべてがつながったときの爽快感と感動はすごいです。
自分が死ぬことが分かっていて、それでも愛する人の元に会いに行くと決めた澪の純愛に涙がとまりませんでした。そして、病気を持ちながらも一生懸命生きる巧。自分も発達障害者なので周囲から理解されない主人公の苦しみがよくわかりました。周囲に理解者がいない中澪は巧にとってかけがえのない存在だったんだと思います。
タイムスリップものですが最後までそれに気づかせない構成の映画だと思います。(30代女性)
こんな奇跡が本当にあったら素敵だなって思う恋愛ファンタジー映画でした。リアリティにこだわる人には向かない作品だと思いました。芸術性の高い映像美が原作を読んだ時のイメージ以上のものだったのでびっくりしました。ストーリーはもちろん音楽もとてもよかったです。ありきたりなストーリーだと思っていましたが、後半になるにつれていい意味で裏切られました。優しい気持ちになることができる作品です。(30代女性)
今まで観た恋愛系の邦画のなかでいちばんインパクトが強く印象に残った映画です。はじめからひとつひとつゆっくりすすんでいたお話を、最後に駆け足で追いかけるようになぞる感じにまとまって最後にひとつになる感じでブワッっと鳥肌が立ちました。しかも映画館で観たので感動倍増でした。主題歌の「花」がお話と重なりジンとしみました。観終わって落ち着いてからお話のあちこちをつなげて納得するのも楽しかったので2人以上で観るとより楽しいと思います。(40代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました