13階段/あらすじとネタバレと感想

13階段2003年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

13階段の概要

制作:2003年 日本
監督:長澤雅彦
出演:反町隆史、山崎努、笑福亭鶴瓶、田中麗奈、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

13階段の見どころ

江戸川乱歩賞を受賞した高野和明の小説13階段を長澤雅彦監督が映画化。
冤罪の死刑囚のために仮釈放中の青年と定年間近の刑務官が10年前の事件の謎に迫るサスペンス。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

13階段のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

三上純一は、傷害致死で懲役3年6ヶ月の実刑判決を下されてしまいますが刑期を終えて、無事に仮釈放が出ました。
三上は定年間近の刑務官、南郷に仕事を持ち掛けられます。それは死刑が確定している囚人樹原亮の冤罪を晴らすための証拠集めでした。宇津木夫妻殺人事件という事件で仮出所した樹原が自分の保護司夫婦を殺したというものでした。
この仕事の依頼は弁護士の杉浦で、報酬は1000万円という破格の金額。三上は金額に悩みます。なぜなら三上は自分の起こした事件で多額の賠償責任により家族が困っているのを知っていたからです。
樹原の容疑は殺人事件。7年前に死刑が決まっており、死刑まであと三カ月という所でした。
樹原は殺人現場の近くでバイク事故を起こしており、前後の記憶がありませんでした。樹原の記憶は階段を上っていたということだけ。はじめは階段を探します。二人は思い出話をします。
事件の日、三上は恋人と旅行に行っており、旅行先で恋人がレイプされていたのでした。
そして七年後にレイプ犯再会した三上はもみ合いの末に殺してしまった罪で傷害致死罪になりましたが、三上には確実に殺意があったのでした。
南郷はそれを聞いて、殺意と殺人は違うといいます。実は南郷にも人を殺してしまった過去がありました。
刑務官となった以上、死刑執行ボタンも押すのが仕事です。しかし部下が押せなかったボタンを南郷が代わりに押してしまいます。死刑執行ボタンは何こかのひとつのボタンが、死刑執行ボタンになっています。遅れたボタンがそのボタンであり、押した南郷のボタンで死んでしまったのでした。
その男はすっかり会心していたところだったので余計に南郷は悔やんだという話でした。
やがて二人は満願寺という廃寺に、階段と凶器を見つけました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

しかしその凶器にはなんと三上の指紋がついていたのです。
三上は真犯人として疑われ、南郷の前からも姿を消してしまいました。
実は三上が殺した男の父が依頼した弁護士で、息子を殺したことを忘れられず、罪を着せたかったのです。もちろん、弁護士の父は当然レイプ事件は知りませんでした。
だからこそ、三上はすぐに疑いは晴れました。南郷は別に津木夫妻の知人のホテルのオーナー安藤に接触を図ります。安藤は夫妻に過去の罪をずっと脅迫していたのです。樹原の罪も無くなり、二人もそれぞれの生活に戻って行ったのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました