東京家族/あらすじとネタバレと感想

東京家族2013年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

東京家族の概要

制作:2013年 日本
監督:山田洋次
出演:橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

東京家族の見どころ

小津安二郎監督の東京物語をモチーフとして山田洋次監督が映画化。
今時の家族の在り方をヒューマン・ドラマとして再現している。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

東京家族のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

平山周吉(橋爪功)と妻は住んでいる広島の大崎上島から、東京に暮らす子供たちに会いに行きます。
医者の幸一。美容室を経営している滋子。フリーターの昌次。
久しぶりに孫たちに会い、成長を喜ぶ妻。幸一と孫は二人を東京観光に連れて行こうと思っていました。
が、急患のために中止になりました。怒る孫たちを妻がなだめます。
幸一は開業医なので、忙しいのは承知でした。次に滋子の家に行きます。滋子もまた美容室で忙しいので滋子の夫が温泉に連れて行きます。あいにくの雨でなかなか東京観光ができませんでしたが、滋子に頼まれた昌次と観光バスに乗ります。
しかし昌次もまた疲れてバスで眠ってしまいます。そして仕事について聞かれた昌次は怒りだします。
幸一と滋子は二人でお金を出すから横浜の高級ホテルに泊まってもらう事を提案します。ホテルは素晴らしかったのですが、なんだか落ち着かず、観光客もうるさくて眠れませんでした。早めにホテルを出てきた両親を滋子が責めました。そこから周吉と妻は別行動することにしました。
妻は昌次の家に泊まり、ご飯を作ります。久しぶりの母の手料理に昌次も満足でした。
そして昌次は自分の恋人を呼んでいました。母も気に入ってくれて昌次も満足でした。
翌朝、昌次が出勤した後にも恋人が心配して来てくれます。そこで母は恋人にいつか昌次にお金が必要になった時のためにとお金を渡します。
一方周吉は友達の家に行っていました。しかし母が遊びに行って幸一の家に帰ってくると周吉は酔っぱらって寝ていました。そして母は二階に上がっている時に倒れてしまい、意識不明の状態になってしまいました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

突然倒れてしまった上に、母の状況はあまりにもよくありませんでした。
家族は全員集合し、母を心配しますが状態は良くならずにそのまま亡くなってしまいます。
東京で火葬だけ済ませて、葬式は広島で行う事にします。幸一と滋子は早々に東京に帰っていきましたが昌次と光一の彼女紀子はしばらく広島に残ってくれます。それでもやはりいつかは東京に帰らないといけない訳で、その日がやってきました。紀子に冷たく当たっていた周吉でしたが、帰る時には妻のかたみの時計を渡し、幸一のことを頼みます。と言われ感動のあまり泣き出してしまいました。周吉はぶっきらぼうなだけでちゃんと感謝していたのでした。帰りのフェリーで昌次と紀子は幸せそうでした。にぎやかだった家には周吉だけでしたが一気にさみしくなりました。瀬戸内の島ではひとりになっても、近所の人が支え合って生きていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました