ちゃんと伝える/あらすじとネタバレと感想

ちゃんと伝えるの概要

制作:2009年 日本
監督:園子温
出演:AKIRA、伊藤歩、奥田瑛二、他

ちゃんと伝えるの見どころ

「ちゃんと伝える」は園子温が脚本、監督を務め、亡き父との交流を元に作成した映画である。
また、EXILEのAKIRAが映画に初主演したことからも話題になった映画。

ちゃんと伝えるのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

愛知県豊橋市のタウンマガジン編集部に勤めている北史郎(AKIRA EXILE)は27歳。
実家で父と母と三人で暮らしていました。史郎には親にも公認の恋人がいて、陽子といいました。
そんな陽子の口癖は「ちゃんと伝えて」でした。史郎も史郎の家族も口癖のように言っていました。そんなある日の事、史郎の父が倒れてしまいます。病院では父が末期がんであると言われてしまいます。史郎は毎日のように父の病院にお見舞いに行きます。そして口癖のようにちゃんと伝えてと言っていたのに、父に何一つ伝えてこなかったことを悔やみます。
父は高校教師をしていて、史郎もそこの卒業生でした。顧問も父でしたが、他の生徒と同じように「先生」と呼んでいました。そして父もまた一人の生徒として史郎に向き合っていた過去があります。
そして史郎は毎日見舞いに行き、ちゃんと言葉にして伝えていくように心がけました。父は元気になったら釣りに行こうと史郎を誘ったりしました。釣りの趣味があったことを知らなかった史郎は驚きますが、受け入れます。
ちゃんと父に向き合える毎日に幸せを感じつつ、父の容態も落ち着いてきました。
しかし反対に、今度は史郎が胃の痛みを訴えます。父の先生には、史郎もガンだと言われてしまいます。
しかも史郎の方が悪性で重傷だったのでした。
親よりも先に死んでしまうと親不孝だという考えが史郎の頭に浮かびます。いっそのこと、父に先に死んでもらった方がいいのでは?とも思います。
そしてもうひとつ問題がありました。恋人の陽子のことです。陽子とは結婚を意識した段階であり、誰もがそうなるだろうと思っていたのです。
思い悩んだ史郎は陽子に自分のガンの事を他人に例えたり濁して相談します。すると先がないので別れると言われました。史郎はショックを受けましたが、陽子はまさか史郎のことだとは思ってもいませんでした。

ネタバレと結末

その後、父の容態が急変してしまいあっけなく死んでしまいます。
葬式の時、火葬場に運ぶ霊柩車を史郎は奪って、父の死体を座らせて、父が言っていた釣りをします。
そして史郎は自分のがんの事を陽子に伝えます。陽子と別れるつもりで口にしましたが、陽子は「今すぐ結婚しよう」と言いました。史郎が生きた証が残せるというのです。そして父のお墓に報告しようと提案する陽子。史郎は涙ながらに陽子のことを見つめるのでした・・・。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました