何者/あらすじとネタバレと感想

何者の概要

制作:2016年 日本
監督:三浦大輔
出演:市川南、畠中達郎、中村理一郎、弓矢政法、市村友一、高橋誠、他

何者の見どころ

朝井リョウの青春小説「何者」を三浦大輔監督が映画化。
佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉など豪華キャストで大ヒットした映画である。
就活を目的に五人の学生を描いた青春の話。

何者のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

拓人(佐藤健)は就活スーツのままスタジオに飛び込んできました。一緒に住んでいる光太郎の引退ライブです。
光太郎もまた就活するためにバンドを解散することを決意しました。留学していた瑞月の姿もありましたが彼女もスーツでした。大学で知り合った拓人、光太郎、瑞月でした。
そして光太郎は終わって髪を黒く染めました。光太郎なりに真剣に就活しようと思っているのでした。
拓人と光太郎は一緒に暮らしていますが、その上の階に瑞月の友人理香が住んでいるのでした。
理香も就活している最中でしたので、4人は就活の情報を交換することになりました。
理香の部屋にはもうひとり隆良という恋人が住んでいて、隆良もまた就活の年でしたが、しかし彼は学生でありながらも就活はしていませんでした。会社という枠組みに違和感を感じている所でした。とはいうものの、五人は集まるようになったのです。
近況は主にSNSで全国に向かっても発信していました。
拓人は演劇サークルに入っていましたが就活を期に辞めました。そして今まで一緒にしていた友達は演劇一本で暮らしていくと決めたのです。拓人はそんな仲間を冷ややかな目で見ていました。
だからこそ芸術家思考の隆良のことも冷ややかな目で見ていました。いつものように集まっている所に、瑞月が来ませんでした。瑞月は合格発表だったのです。そして合格しました。
光太郎も後を追って、ある出版会社に決まりました。
光太郎と瑞月の合格祝いをします。光太郎はバンドをしていたのでどこへ行っても人気です。拓人は引け目を感じ席を立ちました。

ネタバレと結末

徐々に心の弱さが表れていく、合格していないメンバー。焦りもありますがとにかく受かった子が憎くなってしまいます。
そして拓人はSNSのアカウントを二つ持って居ました。ひとつはみんなが知っているもの。もうひとつは拓人の本音が書かれていました。光太郎のバンド、理香の家、隆良の言葉、演劇の道へ進んだ友達への嫌味などみんなの事悪口を書いていたのでした。
しかし、本音は違うという部分はみんなが持って居ました。拓人の裏垢には「何者」と書かれていました。
面接では必ずと言っていいほど、自分を語らなければなりませんでした。そこで拓人は当たり障りのない話をしていましたが、友達が演劇の道を選んだことを話し出しました。1分という枠ではとても収まりきらず、1分で自分は語り切れないと面接官に切り出し、お礼を言って面接室を出ていくのでした。やっとスタートを切れた拓人なのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました