おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

男子高校生の日常/あらすじとネタバレと感想

男子高校生の日常2013年の邦画
スポンサーリンク

男子高校生の日常の概要

制作:2013年 日本
監督:松居大悟
出演:菅田将暉、野村周平、吉沢亮、岡本杏理、山本美月、他

スポンサーリンク

男子高校生の日常の見どころ

男子高校生の日常は山内泰延の漫画であり、テレビアニメから実写映画になった作品である。
キャッチコピーは『高校生よ、最強(バカ)であれ』
主演は菅田将暉。

男子高校生の日常のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

今時の高校生はカッコいい。というのは幻想で、カッコよくない高校生もいます。それが真田中高校2年1組のタダクニとヨシタケ、ヒデノリでした。
今日もタダクニの部屋で彼女をどうやって作るのか、スカートの中とか妄想を自分勝手に話していました。タダクニの部屋の横には妹がいました。
そして学校ではざわつきが。何故女子高生が居たのでした。タダクニはそのうちのひとりと手が触れ、その子はシュシュを落としていきました。もちろん黙ってポケットに入れるタダクニ。
今年の文化祭は近所の女子高と男女合同ですることになっていたのでした。
男子側は旧校舎でお化け屋敷を開催し、女子は新校舎でコスプレカフェになりました。
教室でガムテープを使い脱毛する男子。トイレひとつにとっても、男子のトイレを女子が使うという妄想が止まりませんでした。とにかく女子に縁のない男子たちは、女子がどうすれば喜ぶのかがまず分かりません。トイレットペーパーの三角折を提案したり、芳香剤を置いてみたりと色々しますが、女子には不評でした。
文化祭の準備が進む中、浮足立つ男子生徒。しかし大抵は空回りに終わります。
文化祭のポスターを落とせば、コンビニの店員がもしかすると来てくれるのではないかなどの甘い妄想が繰り広げられます。そうやって男子の妄想は炸裂していったのでした。
しかしタダクニはりんごという生徒から好意を寄せられているのではないかと噂になり、まくしたてられます。もしかすると。という話でしたが、そのうちにリンゴからは告白できないだろうから、タダクニから告白した方がいいという話になりました。その気になったタダクニ。周囲も協力します。
しかしなかなかうまくいきませんでした。

ネタバレと結末

タダクニは意を決して、りんごに近寄ります。
そしてシュシュを渡します。タダクニを見つめるりんご。そこにりんごの友達がやってきて、「私のだ」といいました。タダクニはりんごのシュシュだと思っていたのですが、間違いだったのでした。りんごは好きでもなんでもなかったのでした。
そしてコンビニの店員はやってきましたが、彼氏がいました。
結局男子校のみんなは何一つ進展がないまま、またいつもの日常に戻り、どうでもいい女子の妄想をバカげた話で盛り上がっているのでした。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

  1. NM女性40代 より:

    やはり、漫画やアニメの実写化は難しい。

    漫画も読んで、アニメも見ての感想です。
    原作独特の勢いが無いように感じました。
    アニメではあんなに笑えたのに、実写映画の本作では、あまり笑えるシーンも無く、良くも悪くもタイトル通りの『男子高校生の日常』といった感じでした。
    出演している俳優さんはみんな魅力的でした。

2013年の邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました