あゝ、荒野 後篇/あらすじとネタバレと感想

あゝ、荒野 後篇 2017年の邦画

あゝ、荒野 後篇の概要

制作:2017年 日本
監督:岸善幸
出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、今野杏南、他

あゝ、荒野 後篇の見どころ

あゝ、荒野の全編後編として完結編として出されたこの後編。
全く育ちの違う二人が出会い、ボクシングに夢中になっていく様子が描かれた物語である。

あゝ、荒野 後篇のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

新次は仇である裕二をボクシングで倒すことだけを夢見て練習に励んでいます。
そして建二はある日、本屋で西口恵子(妊婦)が倒れているのを助けます。恵子は無事だったものの、胎児は亡くなってしまい、健二は悲しくなります。恵子のおなかの子の父は公開自殺した川崎敬三でした。
一方世間では社会奉仕プログラムが活発になり、世間では結婚式場がつぶれて葬式会場になっていました。
新次もまた老人ホームで、老人の死を見送ります。そこに母がやってきて話をします。新次の父は自殺しましたがその時の上司はなんと建二の父・建夫だったのでした。
母は父が自殺した事をまとめた本を置いて帰りました。中に入った母のメモを見て、新次は健二の父に会いに行きます。しかし健二の父はガンでした。新次を通して息子に連絡しようとする健二の父に、自分で連絡しろと言いました。
同じころ、新次たちがいくバーに片足が悪い女性が入ってきます。片目が気にして優しくします。
女性は東日本大震災に合い、娘を探しに東京に来たといいました。実は芳子の母だったのです。
順調に試合が進んでいる新次でしたが、健二は思うように試合ができませんでした。ここぞという時に目をつむってしまうのでした。健二は新次に憧れます。
新次はついに裕二との対戦が決まります。リングの上なら殺してもいいと思い、熱心に練習しました。
そして劉輝に会いに行きます。しかし「どれだけ憎んでも、お日さま浴びてる奴には勝てない」と言われ、それでも復讐に燃える新次。
そして新次と裕二の試合当日。
殴り合いになりますが、新次が勝利しました。しかしあれだけ燃えていたのに、勝ってしまえばあっけないものでした。
試合の後、健二がジムを移りました。さみしく思っていると健二からの手紙を見つけます。同じ事務所に居ると新次と戦えないからジムを移ると書いてありました。健二は新次と戦いたいのでした。

ネタバレと結末

健二は理容院も辞め、ひたすら練習に打ち込みます。
健二は勝ち続け、今までの自分よりももっと一皮むけていきます。健二は新次とひとつになりたいと願い、それだけで頑張っているのでした。
しかし新次のいるジムは傾いており、閉めなければいけないほどになっていました。
そして健二と新次の試合が行われます。それまで関係していた人がその試合のポスターを見て見に来ます。
健二は有名になっていて、人気がありました。
新次と健二は激しい戦いをします。特に新次は戦う事で生きていることを実感していました。
二人の熱戦は続きます。最後に健二は受け身になり、新次が励まします。そして新次のパンチで試合は終わります。
健二はそのまま亡くなってしまいました。
新次はまた傷跡を抱えながら生きていかなくてはならなくなってしまいました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました