潔く柔く/あらすじとネタバレと感想

潔く柔く 2013年の邦画

潔く柔くの概要

制作:2013年 日本
監督:新城毅彦
出演:長澤まさみ、岡田将生、波瑠、中村蒼、他

潔く柔くの見どころ

いくえみ綾の人気漫画を新城毅彦監督が映画化。
キャッチコピーは、「大切な人を失っても、人はまた愛することができるのでしょうか。」
主演は長澤まさみ、岡田将生。

潔く柔くのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

15歳のカンナは幼馴染である男の子春田と常に行動を共にしていました。
高校生になると知り合った、朝美、真山とカンナと春田で遊ぶようになりました。春田とカンナはお互いを意識しますが恥ずかしさもあり進展しませんでした。ある日真山がカンナを花火大会に誘います。
しかしその時、春田は事故にあって亡くなってしまいます。知らせを耳にした真山とカンナはすぐに病院に駆け付けますが、そこには朝美がいてすでに春田は亡くなっていました。
朝美は春田の気持ちも考えずに二人がデートしていたことを怒ります。カンナが携帯を見てみると、春田からの最後のメールが来ていました。
8年後のカンナは映画会社に勤めていました。ある日酔っ払いの青年を見かけます。
翌日出版社に営業に行ったカンナは、昨日の酔っ払いの青年を見かけます。青年は赤沢といいカンナの会社の担当になっていました。そして赤沢は飲みに行こうと軽く誘ってくるのでカンナは怒って帰りました。
しかし結局は赤沢に映画を見に行こうと誘われ、一緒に見に行き食事をします。思い出話をしますが、カンナは春田の事は話しませんでした。赤沢の思い出話を聞いているうちに、赤沢もまた同じような身近な死を経験したことがわかりました。カンナは身に余る思いで聞きつつ、お酒を飲み過ぎて入院してしまいます。
赤沢とカンナはなかなかうまくいきませんでした。途中で赤沢の事を好きな女の子が出てきて二人の仲を邪魔したり、素直になれなかったり。しかし赤沢が熱を出し、カンナが見舞いに行った事で赤沢がカンナに付き合おうといいます。しかしそこでもカンナは素直になれませんでした。

ネタバレと結末

ばったり朝美に会ったカンナは、春田の父が再婚して春田の兄弟ができていることを知ります。納得いかないカンナは春田の運転で春田のお父さんの家に行きます。
全く春田に似ていないのでカンナは納得します。今度は赤沢の方の姉の子供に会いに行きます。すると四歳になる子供は言葉をしゃべれませんでしたが、赤沢には話しだします。顔もその子にそっくりでした。
いろいろとストレスがたまる中、赤沢を好きな子に煽られるカンナ。カンナは赤沢に会いに行き確かめます。しかし赤沢はカンナにちゃんとそこで好きだと言って、告白しカンナも赤沢にキスをします。そして赤沢もまたカンナにキスをして二人で手をつないで歩いていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました