パーマネント野ばら/あらすじとネタバレと感想

パーマネント野ばらの概要

制作:2010年 日本
監督:吉田大八
出演:菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、他

パーマネント野ばらの見どころ

パーマネント野ばらは西原理恵子の漫画。菅野美穂主演で吉田大八監督が映画化。
田舎の漁村でパーマネント野ばらを経営している母の元に子供を連れて帰ってくる主人公と暖かい人たちの話。

パーマネント野ばらのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

夫と離婚して子供を連れて帰ってきたなおこ(菅野美穂)。母の経営するパーマネント野ばらは村にひとつしかない美容室。常連のオバちゃんたちのたまり場でもあった。なおこはそんな母の美容室を手伝っていました。
なおこは、学生の時の先生であるカシマと付き合いだします。みんなには内緒の話でした。カシマは別れた夫にすら嫉妬しますが、なおこは微笑ましく見ていました。
そしてなおこが帰ってきて同級生のみっちゃんに会います。みっちゃんはスナックで働いています。スナックのママでもありました。
昔っから男運の悪いみっちゃん。結婚した後も夫が浮気ばかりしていました。自分の男運の無さをうらむみっちゃんですが、なおこはどんな男でもいないよりはましと言います。みっちゃんは一種の恋愛中毒であり、なおこも同意するところがありました。ある日みっちゃんは旦那の浮気相手を車ではねてしまおうと思い行動に出ますが、実際にはねてしまったのはみっちゃんの旦那でした。そしてみっちゃんも電信柱にぶつかり、血まみれになってしまいました。
そしてもう一人の同級生である、ともちゃん。ともちゃんはペットロスでした。猫を失って悲しみに暮れています。
なおこと二人で猫を埋めに行きます。その猫にはともちゃんの昔の男がつけた傷がありました。その傷を見てみっちゃんは思い出に浸ります。みっちゃんもまた男運のない子でした。暴力や浮気、ギャンブルで今の旦那も行方不明です。
退院したみっちゃんは旦那と別れる決意をします。そこでみんなでパーティをしていると停電が起こります。
みっちゃんの父が電信柱をチェーンソーで切ってしまったのです。みっちゃんのお父さんは金に困ると昔から電信柱を切って売っていたのです。

ネタバレと結末

ある日、なおこの母は温泉に。子供は元父親の所に遊びに行きました。
一人になったなおこは、カシマに温泉に連れて行ってもらおうとします。幸せな時間が過ぎていきますが、うたた寝をして起きるとカシマがいませんでした。車もなく、旅館に聞いてもどこにいるか分かりません。
なおこは一人で家に帰ります。なおこが家に帰るとともちゃんが来ます。ともちゃんの旦那がギャンブルにはまって逃げていたのですが、森の中で薬物中毒で死んでしまっていたのでした。
これでやっと旦那の事を忘れられるというともちゃん。そこでなおこは聞かれてもいないのにカシマの話をします。ともちゃんは何回も聞いたよといいながら聞いてくれていました。
しかし実はカシマはなおこと付き合っている学生の時に亡くなっていました。
なおこは一人で海に居ると娘が迎えに来てくれました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました