日本の悲劇/あらすじとネタバレと感想

日本の悲劇 2012年の邦画

日本の悲劇の概要

制作:2012年 日本
監督:小林政広
出演:仲代達矢、北村一輝、寺島しのぶ、大森暁美、他

日本の悲劇の見どころ

2010年に起こった年金の不正受給事件をモチーフに、小林政広監督が映画化。
高齢者所在不明問題は最近でも、問題になっており高齢者の年金を当てにしている子供世帯が親が死んでも死亡届を出さないことで、年金がこれまで通りに支給されるというシステムを狙ったものである。

日本の悲劇のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

元大工の村井不二男(父)は息子義男と家に帰ってきます。不二男は肺がんで余命三カ月でした。入院していたものの、治療が嫌で勝手に退院してきました。そして家族に、今後食事はとらない。そして眠らないことを宣言します。何を考えているのかわからない義男は、父の布団を母の仏壇の前に敷いてやり、好きにさせます。
が、実は不二男は自分の年金を少しでも息子に残す決意をしていました。部屋に入った不二男は部屋にくぎを打ち、誰も入ってこれないようにします。そして息子の義男にも、自分が死んでも市役所に死亡届を出すなといいます。義男は説得しますが、不二男は受け入れません。もしも部屋に入ってきたらその場で自決すると脅します。
実は義男は、数年前までは絵にかいたような幸せな家庭を築いていましたが、今ではリストラからの自殺未遂を起こしていたのです。うつ病からの入院も経験していました。
その入院すら妻に話しておらず、探し回った妻はあきらめて離婚します。そして妻の実家である東北で2011年の東日本大震災の津波で死んでしまうのでした。精神病院から帰った義男は仕事が見つからず、不二男の年金で暮らします。義男からすれば踏んだり蹴ったりで、どうして自分だけがこんな思いをするのかと悩みます。するとそこに不二男の妻(母親)が病気になりました。4年間治療しましたが、母も亡くなってしまいました。不二男と義男はそれからお酒ばかり飲み、だらしない毎日を送ります。義男は父、不二男にも俺の人生はいったい何だったんだと愚痴を漏らします。

ネタバレと結末

不二男は息子もまだ若いのにこんな目に合ってしまっていることで、自分を責めてしまいます。
せめて、義男に何かしてやれることといえば自分の年金を受け取っていくことだけと結論を出したのでした。
そして、それでも出てきてくれと頼む義男に「毎朝一度だけ声をかけてくれ」と頼みます。
それからというもの、義男は開くことのない扉に向かって毎朝父の存在を確かめます。ある日のこと、義男は会社の面接を受けれることになりました。そしていつものように父に挨拶をしにいき、家を出ます。しかしその日はもう父の声は聞こえてこないのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました