ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない/あらすじとネタバレと感想

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないの概要

制作:2009年 日本
監督:佐藤祐市
出演:小池徹平、マイコ、品川祐、田辺誠一、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないの見どころ

電車男に続き、掲示板2ちゃんねるから発祥した書籍「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」はその名の通りブラック会社の内容と自身が壊れていく過程が鮮明に描かれている。
佐藤祐市監督が映画化し、小池徹平主演でエンターテインメント作品になっている映画。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

高校時代のいじめがきっかけで、中退し、引きこもりになっていたマ男(小池徹平)。そんなマ男を心配する母。しかし事故で母が亡くなってしまいます。
それをきっかけにこのままではいけないと思い、一念発起で国家資格であるプログラマーの資格を取ります。
就職活動を始めたものの、世間では就職難であふれています。特に今までのニート期間が長かったため、なかなかうまくいきません。しかし黒井システム株式会社というIT会社がマ男の事を受け入れてくれました。
喜び、頑張ろうとするマ男でしたが黒井システム株式会社はかなりのブラック会社でした。
入社当日に、寝袋や遺書のようなメモを見つけ、ゾッとしますがその日から昼ご飯も取れずに夜中まで働かされる上に、上の人は仕事も教えてくれません。帰宅し、心配していた父には「いい会社」としか言えませんでした。
二日目もまた、会社に泊まり込みで仕事をします。周りは嫌がらせだらけですが、こんな会社になぜいるのかわからないようないい人、藤田が黒井システム株式会社にもいました。マ男の事を気にかけて優しくしてくれます。毎日サービス残業で、寝る暇もないマ男。しかし入社二週間でプロジェクトリーダーに抜擢されます。そして派遣会社から中西(女)が派遣されてきます。なんとか間に合わせることができましたが、いい人だと思っていた中西は、藤田に告白しフラれたことを理由に次の日から松葉杖をついてきます。心が傷ついたことを体で表現しているそうです。中西もまた痛い人だったのです。そして早稲田卒の男が入社してきて、マ男の事を中卒を馬鹿にします。そしていじめを継続させます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

そんな中、今度は父が病院に運ばれます。すべてにおいて追い込まれてしまったマ男は唯一のいい人であった藤田が会社を辞める報告をしているのを目にします。マ男は限界が来て会社から帰ってしまいます。次の日、家に会社の人が来て、藤田の壮絶な過去を知ります。藤田の彼女もプログラマーでしたが仕事がつらく自殺してしまっていたのです。亡くなった彼女のために仕事を続けている藤田。そんな藤田を見てマ男は仕事に戻る決意をします。
なんとか納期に間に合わせたマ男はまだ俺は頑張れるかもしれないと、みずからブラック会社にどっぷりとはまっていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました