おかあさんの木/あらすじとネタバレと感想

おかあさんの木の概要

制作:2015年 日本
監督:磯村一路
出演:鈴木京香、志田未来、三浦貴大、平岳大、田辺誠一、他

おかあさんの木の見どころ

児童文学作家大川悦生の文学作品を磯村一路監督が映画化。
最近まで国語の教科書に載っていたので、知っている人も多いと思うがお母さんと7人の子供と戦争の話である。
植えた苗は桐の木であり、最後は五郎と名付けた木の下で亡くなる。

おかあさんの木のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

土地の整備が進む町に7本の桐の木がありました。
木を切り倒すには木の所有者である坂井サユリの許可が必要です。しかしサユリは「お母さんの木は切らないでくれ」といいます。そしてサユリの夫であった五郎の母の話をしだすのでした。
五郎の母はミツ。そして田村謙次郎に嫁いできました。謙次郎は郵便局員であり、それがきっかけで知り合いました。謙次郎にミツは愛されており幸せな結婚生活を送っていました。やがて子供が生まれ、一郎から五郎まで7番目に生まれた六郎も含めて男の子が続きました。六人目の誠と名付けられた男の子は子供のいない夫婦に養子にいったものの、家族で仲良く暮らしていました。
しかし謙二郎が急死してしまいます。必死に働くミツの元に、長男の召集令状が届きます。ミツは一郎の無事を願い庭に桐の木を植えます。続いて二郎にも召集令状が届きます。ミツは二本目の桐の木を植えます。しかしそこに一郎の戦死の知らせが届きます。さらに三郎、四郎にも召集令状が届きます。次々に桐の木を足していくミツ。そして三郎も戦死してしまいます。五郎は商業高校を卒業していたので、父と同じ郵便局で働きだします。そこには父の同僚であった坂井昌平が居て、娘のサユリがいました。そして四郎も戦死します。
その上養子に出した誠も召集令状が届き、さらにミツは桐の木を植えます。五郎とサユリは結婚しました。
やがて召集令状は五郎にも届きました。ミツは見送りにも行けず冷たく当たりますが、最後に駅に走っていき、五郎にしがみついて戦争に行くことを止めます。非国民とののしられながら離されてしまい、刑事ともめましたが五人の子を戦争に出していることから解放されます。

ネタバレと結末

六郎も寄宿舎に入り、ミツはひとりぼっちになってしまいました。
ミツは五郎の代わりの桐の木にいつまでも詫びています。村でも貧困が続き、家畜すら取り上げられてしまいます。二郎と五郎は戦地で出会い、二郎は片目を失っていましたが、母には知らせないでくれといいます。
次々と戦死してしまう中、日本は終戦に。誰も帰ってこない家でミツは弱っていきます。桐の木の世話だけは欠かしません。ある寒い日、五郎が家に帰ってきましたが、母は桐の木の下で亡くなっていたのです。
そしてその話を聞いた職員は桐の木の伐採のことをこれ以上言えなくなってしまいました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました