悪の教典/あらすじとネタバレと感想

悪の教典 2012年の邦画

悪の教典の概要

制作:2012年 日本
監督:三池崇史
出演:伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、林遣都、浅香航大、水野絵梨奈、KENTA、山田孝之、他

悪の教典の見どころ

貴志祐介によるホラー小説「悪の教典」を三池崇史監督が映画化。
悪の教典はかなりの長編小説であるにもかかわらず、ヒットし、漫画から映画にまでなった作品である。
いいと言われていた教師が、次々と生徒を殺していくバイオレンスな作品で映画のラストには『TO BE CONTINUED』と出ることから次作も期待されている。

悪の教典のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日、男がナイフを持って両親を殺します。
なぜなら両親が、男には人の心がない。早く社会から遠ざけないと危ない。と話しているのを聞いたからでした。
その男は蓮実誠司(伊藤英明)、高校教師です。高校では誰からも好かれており、信頼の置ける人としていい方の先生として有名でした。生徒の気持ちを汲み取り、学校に掛け合ったりととても生徒思いの教師として一目置かれています。
しかし彼はサイコパスであり、サイコキラーとしての人格を隠していただけでした。だからこそ、気に入らない生徒は即殺します。彼が初めに気にいらなかったのは生徒の親。家を放火して殺します。
次に学校では素行の悪かった少年に罪を擦り付け、いじめを起こし、次にいじめられた少年を酒に誘い、殺します。
この事件を不審に思った同僚の教師が彼の過去を疑います。なぜ疑うのかというと、蓮実は京大を二か月で辞め、ハーバード大学を卒業してMBAタイトルを取得。その後金融会社でトレーダーになりますが二年で退職。上司の手柄も自分の手柄にしようと彼がテロリスト認定されてしまい、入国禁止になってしまっていたからです。
蓮実はその後日本に帰ってきて、英語教師として高校に入ったのです。ここまでを同僚の教師と生徒が話しているのを聞いた蓮実。
同僚を殺し、生徒は拷問の末に殺害。そして殺した生徒の携帯電話を持って居た蓮実のことを見た自分と関係のある女子生徒に遺書を書かせ殺します。その現場に入ってきた生徒も殺します。なんのためらいもなく、サッと殺してしまいます。
殺し過ぎたかなと思った蓮実は、次に射撃を趣味にしている先生のせいにしようと思います。

ネタバレと結末

そしてそこにいた生徒全員を次々と殺していきます。
先生も二人いたので殺しました。そして最後に射撃が趣味の先生を自殺に見せかけて殺しました。
やり切った感と達成感がいっぱいの所を、逃げ延びた生徒とAEDに録音されていた声で蓮実は警察に捕まります。蓮実は捕まる時に悪魔に取り憑かれたといい、心神喪失アピールをしました。
その時、校内の死体の中で一人の女子生徒が目を覚ましたのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました