海辺の生と死/あらすじとネタバレと感想

海辺の生と死 2017年の邦画

海辺の生と死の概要

制作:2017年 日本
監督:越川道夫
出演:満島ひかり、永山絢斗、川瀬陽太、井之脇海、津嘉山正種、他

海辺の生と死の見どころ

太平洋戦争末期の加計呂麻島の島尾ミホ・島尾敏雄夫妻の話をモデルとした映画。
キャッチコピーは「ついていけないでしょうか たとえこの身がこわれても 取り乱したりいたしません」
海軍中尉と島の先生の淡い悲しい恋の物語である。

海辺の生と死のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

太平洋戦争末期のカゲロウ島(加計呂麻島)では国民学校の教師トエ(満島ひかり)が生徒と帰宅している時に海軍中尉の朔と出会った。朔は明日から学校の生徒たちは別の道を通って欲しいといい、トエたちは従いました。
遠回りすることに生徒は不満を漏らします。トエも強いる軍隊に反感を覚えますがどうにもできません。
島にも戦争の影が落ちてきていたのです。戦争が悪化して行くなか、朔はトエの父に軍歌よりも島唄を覚えたいと島に寄り添う姿勢であった姿を見て、トエは朔に惹かれていきます。朔はこよなく文学を愛する青年で、子供たちともトエとも仲良くなっていきます。ある日の事、トエは朔の部下から朔からの手紙を受け取ります。今夜、浜辺で会いたいと書いてあり、二人は逢瀬を重ねるようになります。
そのうちに戦争が激しくなり空襲警報が鳴り響きます。島の人たちも死を身近に感じるようになってきました。
トエの父は山小屋に避難することにしましたが、トエは残ることにしました。一人で家を守っていると、そこに朔がやってきて体を重ねます。しかし時代は戦争なので、トエは朔の事を思えば思うほど、朔が居なくなることを恐怖に思います。
やがて沖縄は陥落し、広島に原爆が落とされてしまいます。
そしてトエの家に、朔の部下が手紙を持ってやってきます。部下が言うには隊長が出撃するということ。そしてトエは朔への手紙を渡します。手紙にはもういちどだけ浜辺で会えないかと書きました。
母の遺品の喪服を着て、小刀を隠し持ち、浜辺へ急ぐのでした。
手紙を受け取った朔もまた抜け出して浜辺へ急ぎます。

ネタバレと結末

何も心配いらないという朔。泣きながら浜辺に残るトエ。
そしてトエはそのまま浜辺で朝を迎え、朔の出撃を見届けた後自分も浜辺で切腹し、崖から飛び降りようと思っています。
しかし出撃はありませんでした。トエは朝やけをみて、自殺を思いとどまります。
そして出陣しなかった朔は玉音放送を聞き、戦争が終わったことを知りました。その日は1945年の8月15日だったのです。
ある日、トエの家に朔の部下が手紙を持ってきました。そこには「元気デス」とだけ書かれており、朔は戦争が終わって故郷に帰ることにしたのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました