王様とボク/あらすじとネタバレと感想

王様とボクの概要

制作:2012年 日本
監督:前田哲
出演:菅田将暉、松坂桃李、相葉裕樹、二階堂ふみ、他

王様とボクの見どころ

やまだないとの同名漫画を前田哲監督が映画化。
18歳だが中身は6歳という12年眠り続けた少年が目を覚ましたというドタバタコメディ。

王様とボクのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ミキヒコ(松坂桃李)は18歳の誕生日を皆にお祝いされます。彼女のキエ(二階堂ふみ)と初めて愛し合ったのもこの日。そんな時ミキヒコはふと子供時代によく遊んでいたモリオの事を思いだします。
モリオは一緒に遊んでいる時にブランコから落ちて頭を打ってしまいます。そのまま意識不明で入院したままなのでした。
そんなある日の事、全国ニュースで12年眠り続けた少年が奇跡的に目が覚めたというニュースがありました。
ミキヒコはすぐにモリオのことだとわかりました。ミキヒコはすぐにモリオの入院していた病院に行きますが、一方的に病院に断られてしまい会えませんでした。うろうろしていると非常階段で座っているモリオ(菅田将暉)を発見しました。ミキヒコが近づくとモリオは吐いてしまい、そのまま看護師に連れて行かれてしまいます。
その後モリオは問題のある人たちの施設とされる施設に移動。そこの小学三年生と仲良くなります。モリオは12年寝ていたので中身は6歳なのでした。
その一方ではミキヒコはモリオを大人の世界から守ろうと考えています。大人になるのが嫌なミキヒコはモリオを守ることで大人になろうと考えました。ミキヒコの彼女はミキヒコの母とモリオの居場所を探します。ミキヒコはミキヒコで施設を抜け出して遊ぶモリオを見つけました。モリオの夢は日本の王様。そしてモリオはミキヒコのことを覚えていました。さらにミキヒコはモリオをバイクで連れ出し、遊びます。
しかしそんなある日のこと、モリオは急にお母さんに会いたいというようになります。
モリオのことを施設の近くまで送っていき、ミキヒコは見えなくなるまで見送ります。
モリオに関わろうとするミキヒコでしたが、もう一人の友人トモナリはモリオを避けようとしていました。

ネタバレと結末

トモナリはトモナリなりに大人になる決意を密かに固めています。
そして19歳の誕生日モリオの誕生日パーティーが開かれます。ミキヒコもまたバイクでお祝いに駆け付けます。しかしその途中にミキヒコは転んでしまい意識を失ってしまいます。ミキヒコは夢を見ています。モリオが姿を消してしまう夢でした。その時、彼女からの電話で目を覚ましたミキヒコはモリオの事を色々と考えて、結局モリオに会わずに帰ります。その誕生日パーティーの夜、モリオはひっそりと施設を抜け出して行方不明になってしまうのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました