着信アリ2/あらすじとネタバレと感想

着信アリ2 2005年の邦画

着信アリ2の概要

制作:2005年 日本
監督:塚本連平
出演:ミムラ、吉沢悠、瀬戸朝香、ピーター・ホー、小泉奈々、他

着信アリ2の見どころ

着信アリ2は前作の着信アリ放映後の一年後のストーリーである。
監督は塚本連平。主演はミムラ。
携帯電話にかかってくる「死の予告」電話を受けたものが、予告通りに死んでいくという展開に立ち向かう話。

着信アリ2のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

一年前「死の予告電話」という事件がありました。
発信番号は自分の番号でかかってきて、未来の自分が死ぬ間際の声や画像が送られてくるというものでした。
電話を受けてもらった人は死に、その電話に登録されている人が次のターゲットになるというものです。
そして突き止めた山下を刺し精神科に措置入院した、中村由美は本宮勇作を殺した後行方不明になっていました。
一年後、奥寺杏子の周りで再び「死の予告電話」が起こり始めます。
死の予告電話のメロディは同じものの、前回と違う所がありました。

「着信があった時に電話を受けた者が本人でない場合には、電話を受けた相手が死ぬ」
「胃の中から少量の石炭が出てくる」
というものでした。前回の時は赤い飴玉が出てきたのに対し、今度は石炭でした。
前回の事件から追っている本宮刑事はジャーナリスト野添孝子と意見を交換し合います。

次々と事件が起きて行く中、孝子は美々子の祖母に接触を図ります。
美々子はもともと母である水沼マリエがレイプされてできた子でした。
そしてレイプを見たマリエの父張偉はその男を殺して刑務所に入った後、台湾に帰国したと聞きます。
孝子は台湾の男性とたまたま結婚していたので夫である陳雨亭に聞いてみると、台湾でも同様の事件が多発していました。

今回の事件は台湾がもとではないかと考えた孝子は台湾に行きます。
そして手がかりの炭鉱に出向きました。そして原因を追究している時に本宮刑事から由美が死んだという知らせが入りました。
死の予告電話を受けながらも生きていた由美。憑依されたのかと思っていたのですがどうも共鳴だったようです。

ネタバレと結末

今度の別の死の予告電話は日本のものとは別物で、今回のものは台湾発祥だと突き止めました。
三人で台湾の謎を解くべく炭鉱に居ると、井戸の中にそれぞれがおびき出されてしまいます。
道の奥に不自然にふさがれた板がありそこにお札が沢山貼ってあったことから、杏子が中に入ります。すると「遊ぼう」と中国語でささやかれ杏子は自分が犠牲になろうと考えます。
しかし一緒に炭鉱に入った尚人がやってきて救い出します。逃げた先に電波塔があり、呪いはここから発信されていたことが解りました。本宮刑事に電話した孝子は本宮刑事が亡くなったことを知らされます。
前に自分が話した本宮刑事はいったい誰なのか・・・と思った孝子はビデオテープを巻き戻し、再度見てみて美々子の呪いがまだ続いていることを知りました。それどころか孝子自身も死んでいたのでした。
孝子の口から赤い飴が出てきて孝子は笑って放り投げるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました