刑務所の中/あらすじとネタバレと感想

刑務所の中 2002年の邦画

刑務所の中の概要

制作:2002年 日本
監督:崔洋一
出演:山崎努、香川照之、他

刑務所の中の見どころ

花輪和一の実体系である刑務所の中を忠実に漫画に書き下ろした、ユーモアあふれる「刑務所の中」を崔洋一監督が映画化。
刑務所の中の食事や、おかしな人間たちの暮らしを一本の映画にしていることから、いまだに人気の高い映画である。

刑務所の中のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

主人公花輪(山崎努)はサバゲー好き。趣味がいきすぎてしまい、調子に乗って銃を改造しまくってしまい、銃砲刀剣類不法所持、火薬類取締法違反で懲役3年を受け服役してしまった。
北海道日高刑務所に収容されてしまいますが、刑務所に縁がないと思っていた花輪は見るものすべてがもの目づらしく興味をそそるものでした。そして漫画家という職業から、いつかこの話をネタにしたいと思い注意深く刑務所の中と決まり、そして受刑者たちを観察していきます。花輪自身はこの生活を楽しもうとしているのでした。
まず刑務所での仕事内容によって給食の色が違います。肉体労働のものと座り仕事だと食事の量が違ってくるからなのでした。そして月に何度かは映画も見れますが、それは階級によって回数が変わってきます。
刑務所の中の人には刺青をしている人も居ましたが、まず漢字が間違っていたりしたまま刺青を入れられているものなどユーモアにあふれています。
そして暇な受刑者たちは何でもネタにします。普通に生活していたら気が付かないようなことまで。それはまるで小学生男子たちそのものなのです。小学生のように決められたルールが沢山あり、クイズの答えを書き込んだといっては罰則を受け、誰かの乳首の大きさに話がはずみます。
薬物でつかまった人は薬物の話ばかりで反省とは程遠いのでした。月に何度かある映画鑑賞では、貴重なお菓子が配られます。なかなか手に入らない甘いものはみんなの憧れでした。楽しみは食事くらいなので、唯一の楽しみだったのです。

ネタバレと結末

そして受刑者のひとりが出ていくことが決まりました。花輪は小さな紙に自分の連絡先を書いて渡そうとしたことがばれてしまい、懲罰房に入らされてしまいます。
そこは三畳の部屋で一人っきりで、トイレもありませんでした。そこでのバツは薬袋を作る軽作業をひたすらにする事。しかしもともと一人が好きで手先が器用な花輪は全く苦ではありませんでした。
そしていつしか、どれだけ作れるかを自分で目標にし、コツコツとやり遂げていくのでした。そして罰則日も終わり、皆と同じ部屋に帰った花輪はまた同じような日々を送ります。そこで休憩時間にみんなが野球をする姿を見ながら、ひそかに幸せすら感じてしまうのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました