タッチ/あらすじとネタバレと感想

タッチ 2005年の邦画

タッチの概要

制作:2005年 日本
監督:犬童一心
出演:長澤まさみ、斉藤祥太、斉藤慶太、RIKIYA、平塚真介、他

タッチの見どころ

あだち充の人気漫画を犬童一心監督が映画化。
主演は長澤まさみ。双子の役を斉藤祥太と斉藤慶太が演じます。
高校野球に熱い思いを乗せて青春を送る物語である。
原作を元にはしているが基本的にはオリジナルストーリーになっています。

タッチのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

上杉達也と和也の双子と、隣に住む浅倉南は生まれた時からの幼馴染です。
達也と和也は見た目はそっくりですが兄、達也はいいかげんでちゃらんぽらん。弟和也は勉強もスポーツもばっちりでした。
そんな三人ですが幼いころからの夢は一緒です。野球で甲子園に行くことです。
南の事を甲子園に連れて行った方が、南と結婚できるという約束を双子の中で交わします。
しかし成長と共に達也はいつしかそんな約束なんてどこ行く風で、野球自体を辞めてしまっていました。
高校生になるとボクシング部に入る達也。甲子園の夢は和也と南だけのものとなっていました。
家族を含めみんな和也ばかりを持てはやし、褒めていきます。南だけは達也の事も気にかけてくれていました。
南は和也に好かれていると知りつつも、達也のことが好きだったのでした。
南の思いに和也が気が付き、達也にはっぱをかけます。そして達也をライバル視するのでした。

和也は南との約束である甲子園を目指します。しかし南は和也の気持ちに気が付いていながらも、その気持ちを受け止めることができませんでした。
達也は和也を励ましました。
そして決勝戦の日、和也が来ませんでした。決勝戦の朝、和也は交通事故で死んでしまっていたのでした。
後日、達也の元に野球部が来て野球部に入部してほしいといい、達也は承諾します。
周りからは止められるも、自分の意志だと言い張ります。
達也は小学校ぶりに野球を始めました。しかしなかなかうまくいきませんでした。

ネタバレと結末

実力がついていかない達也。そして南も野球部のマネージャーを辞めてしまいました。
悩む達也の事を立ち直らせたのは達也の友達原田正平でした。
和也と同じ位置に立てといい、達也を奮い立たせます。
高校2年の夏。達也はマウンドに立ちます。
マウンドから達也は南を見つけて、達也の気持ちに気が付きました。そして投げた達也の球で、達也は見事甲子園への切符を手に入れたのでした。
そして達也は堂々と南の前に行き「上杉達也は浅倉南を愛しています。世界中の誰よりも…。」というのでした。達也は南を甲子園に連れて言うという夢をかなえ、南もまた夢がかないました。
南は達也に「ありがとう」とつぶやくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました